ユタ州にある鏡張りの塩砂漠ソルトフラッツを自転車で走る

【オススメのアメリカ】アメリカの鏡張り!真っ白な塩砂漠ソルトフラッツがオススメ!

2017年10月18日 冨田隊長 0

アメリカ横断時に発見したオススメのスポットを今回は紹介します。世界を旅したい人で一度は見たことがあると思うウユニ塩湖。鏡張りになる美しい景観は必見もの!でもウユニ塩湖があるボリビアは日本から地球の反対側とめちゃめちゃ遠いのです。そこで北アメリカにある鏡張りスポットを紹介します。

インディアンの聖地ブラックヒルズのラシュモア山

【オススメのアメリカ】インディアンの聖地ブラックヒルズのラシュモア山とクレイジーホース!

2017年9月27日 冨田隊長 0

今回はアメリカ中部にあるインディアンの聖地と呼ばれるブラックヒルズとアメリカ歴代大統領4人の顔が彫られているラシュモア山とインディアンの長クレイジーホースの歴史について触れたいと思います。アメリカは歴史がないと言う人がいますが、アメリカにも立派な歴史があります。観光するなら歴史もしっかり押さえておきたいですね!

【アメリカのパワースポット】ワイオミング州のデビルスタワー

【アメリカのパワースポット】ワイオミング州のデビルスタワーへ行くならこの映画見よう!

2017年9月19日 冨田隊長 0

さて、アメリカの観光スポットを今回は紹介します。アメリカと一言で言ってもこの国は広いので様々な景色が場所によって異なりますからね。その一つにワイオミング州にあるデビルスタワーがあります。日本人にはあまり馴染みがない観光スポットですが、アメリカ人にはかなり有名な場所です。そこでデビルスタワーへ行くならこの映画がオススメというものも合わせて紹介します。

アメリカで使われている独特な単位の変換と特徴

【旅知識】何その単位?アメリカ行くなら覚えておきたい単位と変換7選!

2017年8月5日 冨田隊長 0

アメリカを旅したことがある人ならわかると思いますが、アメリカでは独特の単位で表示されるものがあります。日本では聞きなれない単位ですが、その変換がしっかりできてないと大きなミスになったりします。そこで今回はアメリカを旅するなら必要な単位と変換を調べてみました。文化を知ると面白い発見があったりします。

ダルースの丘の上にある日本との平和の象徴

【オススメのアメリカ】五大湖最大のスペリオル湖湖畔にあるダルースは平和な港町!

2017年7月21日 冨田隊長 0

北米チャリダーの冨田隊長です。ついに自転車旅の最初の目的だった五大湖を全て制覇する日が参りました。最後の一つだったのは最北で最大の湖スペリオル湖。北米五大湖の中で、最も綺麗な湖と言われるスペリオル湖ですが、なにぶん遠くてなかなか行けません。今回は、スペリオル湖の湖畔にあるダルースという平和な港町の紹介です。

北米自転車旅!アメリカのミネアポリスで1セントを拾う

所持金98セント!身寄りなし、金なしで過ごしたアメリカのミネアポリス!アメリカのサバイバル方法!

2017年7月18日 冨田隊長 0

北米チャリダーの冨田隊長です。今日はアメリカの北部にあるミネソタ州のミネアポリスでのお話です。海外へ出かけるときに最も気になるのが、お金の管理ですよね。もしかしたら強盗に会う可能性もあるのでしっかり注意しておきたいところ。今回、アメリカのミネアポリスで残金がわずか98セントしかなくなった日のサバイバルな思い出を書いてみたいと思います。

アメリカのウィスコンシン州は自転車がオススメ2

【オススメのアメリカ】北米チャリダーがオススメするウィスコンシン州のバイクトレイル!

2017年7月15日 冨田隊長 0

オススメのアメリカも今回で第3回目となりました。今回はアメリカの北部にあるウィスコンシン州の自転車の道、バイクトレイルについてです。自転車専用道路が数多く存在するアメリカの中でもいち早くバイクトレイルの導入が行われた州はウィスコンシン州だとか。ウィスコンシン州の特別風景と共にアメリカのバイクトレイルの風景も一緒に紹介します。

【オススメのアメリカ】資本主義アメリカにおいてユニークな存在デトロイトから学ぶ!

【オススメのアメリカ】資本主義アメリカにおいてユニークな存在デトロイトから学ぶ!

2017年7月8日 冨田隊長 0

北米チャリダーの冨田隊長です。印象的だった都市デトロイトの記事を書いてない!と思い、今回はデトロイトについて紹介したいと思います。シカゴの方が後に訪れたのに、先に記事を書いてしまいました。ってことで、噂とは全く違う2017年のデトロイトの事実についてです!

アメリカのイミグレーションが鬼門となる件

【アメリカ入国実験】チャリダーが陸路でアメリカへ入国するとイミグレーションが鬼門となる件!

2017年7月5日 冨田隊長 0

貧乏バックパッカーが世界を旅する場合、どうしても先進国は物価が高いので避けがちになります。でも先進国も素晴らしい魅力がたくさんある国だから行きたいですよね。今回は、その先進国の代表とも言えるアメリカ合衆国へ貧乏チャリダーが陸路で入国すると税関でどうなるのか検証してみました。