某家電量販店の店員に聞いた!WiFiが繋がらない時の対処法と裏話!

2018年6月9日

今回は、もはや生活の一部として当たり前になったwifiについてです。自分も国内や海外で本当にお世話になったwifiです。でもたまに繋がらなくなる時ってありますよね。そんな時はどんな対処をしていますか!?結構、wifiが繋がらないって言われたりするんですけど、そんな時に最低限試した方がいい情報を某家電量販店の方に聞いてみたので、共有しておきたいと思います。

WiFiが繋がらない時に試した方がいい対処方法!

海外を旅してた時にめっちゃお世話になったWiFi。

日本に帰っても相変わらずお世話になりっぱなしです。

ってかWiFiがない人生なんてもう考えられません。

はい、依存症ですね。w

でもこのWiFi時々繋がらないことありませんか!?

海外ではそれが普通だったんですけど、日本でもまさかのWiFiが繋がらないことがあるんですよ。

この問題超ウットオシイ!!!(笑)

そこで一体どうすればWiFiが繋がるのか某家電量販店の店員さんに尋ねてみました。

店員さんから教えてもらったWiFiの対処方法は大きく分けて2つあるそうです。

実際、これらの対処方法は自分自身もやってみたことがあるものなのでWiFiが繋がらなくなったら絶対に試した方がいい対処方法です。

WiFiが繋がらなくなった時の対処方法!

では、ここからは家電量販店の店員さんも言ってた対処方法でもあり、

実際に自分も試してきたWiFiが繋がらなくなった時の対処方法です。

今から説明するWiFiが繋がらない時のやり方はとりあえずやってみる必須事項かと。

WiFiが繋がらない時の対処方法その1!端末が悪いかどうか確かめる!

では、まずはWiFiを接続している端末が悪いと思われる場合。

端末って言ってるのはiPhoneだったりパソコンだったり、とにかくWiFiを使っている電化製品ですね!

端末側から調査する方が影響が小さいので、まずは端末側から調べるのがオーソドックス。

ってことで早速やってみました。

端末側でできることは大きく3パターンです。

上から順番にやるのがいいんじゃないかなって思います。

対処方法その1:端末のWiFi機能をon/offしてみる!

まずは最も簡単なWiFi機能をon/offしてみる作業。

パソコンやスマホでWiFi機能を管理する画面から単純にoffへ。

そして10秒くらい待ってみて、再びonへ。

超シンプルですが、これで直ったりするから正直不思議です。w

対処方法その2:端末のエアープレーンモードをon/offしてみる!

次にスマホやiPhoneの機能であるエアープレーンモードの設定。

やり方は先ほどのWiFi機能のon/offと全く同じです。

こちらも10秒くらいやってエアープレーンモードをoffにするといいと思います。

重要なのはWiFiのセッションが一度切れることがポイントです!

対処方法その3:端末の電源をon/offしてみる!

これでも直らなかったら最後は端末毎on/offをしてみましょう。

再起動ってやつですね。

こちらは完全にセッションが切れるので10秒も待たなくていいです。

まぁ実質10秒以上かかるのでw

ここまで対処しても直らなければルーター側が悪いと思っても良さそうです。

WiFiが繋がらない時の対処方法その2!WiFiのルーターが悪いかどうか確かめる!

次にWiFiルーター側の対処方法!

こちらは端末に比べてやることが少ないです。

なぜなら再起動のみだから。

ということで、ルーターの再起動です。

やり方は簡単です。

単にルーターのコンセントを引き抜くだけ。

こちらは引き抜いた後にしばらく放置しておく方がベターです。

だいたい3分くらい。

そして再びコンセントを差し込むとOKです。

もしここでルーターに赤いランプや通常と違うランプが点灯もしくは点滅するようなら間違えなくルーターがアウトです!

逆にこの対処方法でほぼ直るはず!

これでダメなら100万円ちょっと買い換える必要があるかもです。

それでもWiFiが繋がらない場合!

ここまでの対処方法を実施したけどやっぱりWiFiが繋がらないって時。

ここまでくると根本的な原因を理解する必要があるようです。

某家電量販店の店員さんからWiFiが繋がらなくなる原因を教えてもらいました。

その原因とは、ズバリ!

オーバーヒート

だそうです。

ルーターなどの家電製品は機能を使うと熱を帯びるんですけど、

ルーターなど連続で稼働し続けるものは熱を放出する時間がないんですよね。

だからオーバーヒートによってWiFi機能が使えなくなることも原因としてあるようです。

なので対処してみたけどWiFiが繋がらないって人はまずルーターに休んでもらいましょう。

電源をoffにしてしばらくそっとしておく。

多分20分くらい。

熱が放出されたなと思ったら再開してみると効果があるかもしれません。

熱はその環境によって違うので20分以上かかるかもしれないですけど。

ただ禁止事項は単に冷やせばいいってことじゃないんですよ。

冷蔵庫とかに入れちゃダメですからね。

ルーターを正しく労ってあげましょう。(笑)

某家電量販店の店員さんから教えてもらったWiFi機器の裏話。

家電量販店の店員さんから教えてもらったWiFi機器の裏話をちょこっと。

それは、なんとルーターの平均的な寿命。

どれくらいだと思いますか!?

教えてもらったルーターの寿命は、

2年!

だそうです。

短い?

そうですよね〜。

で、何が裏話かって話なんですけど、

意図的に2年の寿命があるってことです。

なぜ意図的なのか!?

某家電量販店の店員さん曰く、現在のテクノロジーなら余裕で2年以上使える技術はあるそうです。

でも、

でも、

そうすると商品が売れなくなるそうな。

なので2年以上は基本的に新しいものに買い換えてくださいって方針らしいです。

なるほど〜、

なので2年という寿命が設定されているんですね。

その証拠に保証期間も2年だったりしませんか!?

それも寿命切れのサインだそうです。

なんとまぁ。(笑)

ただ基本的には2年経っても使える代物であるのでご安心を。

と言われました。

ほんとかいな。(笑)

某家電量販店の店員さんから教えてもらったWiFiルーターの故障を防ぐ方法!

そしてもう一つ教えてもらった方法があるんです。

それはWiFiルーターの故障に対応する方法!

しかもタダらしい。

ってことでどんなやり方か聞いてみました。

ズバリ!

プロバイダー契約した回線業者がタダでルーターを交換してくれるということです。

これ、どういうことかというとプロバイダー契約にルーターの保守サポートも含まれるサービスがあるってことなんですね。

例えばこちらのサービス。

SoftBank Air

ソフトバンクの回線を使ってWiFiを契約するとルーターが故障してもタダでルーターの交換を保守してもらえるってことです。

これならタダで問題も解決するので2年の寿命が来ても困らないってことですよ。

ソフトバンク以外にも色々とあることがわかりました。



ただし、回線でも格安回線の会社はサポートサービスを保有してないそうなので注意してください!

以上、WiFiが繋がらない時にできる対処方法でした。

まとめ

WiFiが繋がらないととっても困るのは旅中だけじゃなく今でも同じで。

なのでWiFiのプロの家電量販店の店員さんに直接お話を伺ってみました。

まさかの2年の寿命話はちょっと衝撃的でしたが、

サポートがあれば問題ないってこともわかりました。

プロバイダーを選択する時に参考にしてみてください。

そんじゃ、また。