「何がしたいかわからない」自分の好きより嫌いを素直に観察してみた。

今回も「何がしたいかわからない」シリーズです。「何がしたいかわからない」って事柄を考えてみるとかなり心理学的なことを学べて面白いなと最近思ってきました。今回は、この「何がしたいかわからない」って自分が好きと思ってることより嫌いと思ってることを観察する方がいいなと。その理由について考えてみました。

人によって全く捉え方が違う!

今回も「何がしたいかわからない」シリーズです。

で、このシリーズも少しづつ記事が多くなってきたんですけど、毎回違う切り口で見つけることができます。

そして今回の気づきは些細な違いを知ったからです。

で、今回は何が些細なのかと言うと掃除時間での気づきでした。

実は先日からゲストハウス和ってゲストハウスに滞在しているんですけど、

ここで出会ったスタッフがとても特徴的だったので、その気づきから紹介してみようと思います。

ゲストハウス和は建物が新しいこともあって、かなり綺麗な設備なんですね。

でもやっぱり使ってると汚れてくるわけで。

でも本当に綺麗な場所なんですよ。w

で、今回の気づきは1人のスタッフが「汚い!」って発した言葉です。

自分はアフリカや途上国を旅してたので、まぁ良くも悪くもそこまで汚いと思わなかったんです。

あ、綺麗好きですよ、私。w

でも、そのフタッフからすればものすごくフロアが汚れているとのことでした。

そこで覗いてみたんですけど、

いや、綺麗じゃん。w

ってレベルだったんですよね。

だから逆に凄い!って思ったんですよ。

驚いた理由は自分にはわからなかったことをそのスタッフは感じたからです。

人によって感じ方が全く違う!

これは自分が鈍感なのでしょうか。

それともスタッフが敏感なのでしょうか。

結論から言えばどっちでもないと思うんですよ。

何故ならば!

人によって感じ方が違うからだと真面目に思うからです。

同じような事例が他にもありました。

そのスタッフは大のタバコ嫌いだったんですけど、

その察知能力が凄かった。

(きっとそのスタッフは敏感なんでしょう。そして私は鈍感かw)

ゲストハウスの外で喫煙している人を察知する能力が非常に高かったんですね。

で、自分はそれに気づきませんでした。

またここで思ったのが感じ方の違いです。

今回で言えばタバコの煙の察知能力の違いですよね。

自分もタバコの煙は好きではないですが、そのスタッフからすれば外で吸ってることですら嫌なレベルで嫌いなんですね。

流石にこれは敏感レベルの違いもあると思うんですけど、

何が言いたいのか。

つまり人って感じ方が全く違うってことなんですよ。

たまたま自分もタバコが好きじゃない人間なので嫌いな分類ですが、

タバコ吸う人からすればそんなことないよなw

ってくらい人によって違うんですよ。

嫌いと「何がしたいかわからない」の繋がり!

で、ここからが本番ですが。

嫌いという感情と「何がしたいかわからない」の繋がりについて。

今回の記事って実は前回の記事と超似てるんですけど。

[blogcard url=”http://eruditors.click/p0253″]

ってのは、好きより嫌いって感情の方がハッキリしてるからなんですよ。

今回のように「汚いのが嫌い」とか「タバコの匂いが嫌い」とかって選んでないですよね。

単に嫌いですよね。

そして気づきやすいってのがポイントだと思ってます。

好きって確かに同じような感情だとは思うんですけど、

好きは基本的に求めている傾向にあるので当たり前な感覚になりやすいんですよ。

だって好きなことって普段からやってしまう傾向にありますからね。

でも逆に嫌いって普段からやらないことだと思うんですよ。

だから嫌いなことの方が気づきやすいんですよね。

この気づきが大事だと思いました。

気づくことで「何がしたいかわからない」って疑問にも答えやすくなるからです。

これは先ほどのリンク内容と同じなんですが、

消去法ができるからなんです。

今の世の中できることなんてたくさんあるわけで。

だから「何がしたいかわからない」ってのが存在するわけで。

やりたいことを探すよりやりたくないことを見つける!

何がしたいかわからないって時。

こんな時はやりたくないことを見つける方が早いって思いました。

やりたくないことがハッキリしてくると逆にやりたいことが見つかってくるという逆戦法!

例えば、先ほどのようにタバコが嫌いって人だと、

タバコと関わる職業はできないよな。w

喫煙の店、パチンコ屋、夜のお店とか。

時間の校則が嫌いって人だとサラリーマン全般が無理とか。

人と話すのが苦手って人は、

営業とか接客が無理とか。

そして重要なのは無理って思ってる自分は弱くないって点です。

よく苦手なことは克服するように!

なんて言われたりすると思うんですよ。

まぁ克服したいと願うなら克服していいと思うんですけど、

自分が克服したいと思わないこと、

タバコが嫌いとか、人見知りだとか。

それって別に弱いわけじゃなく嫌いなんすよね。

その嫌いを大事にすると逆に何がしたいかハッキリしてくると思います。

「何がしたいかわからない」を悩むのであれば好きなことより嫌いなことを観察する!

って効果があるぁ〜と。

まとめ

「何がしたいかわからない」シリーズになってきました。(笑)

でも、これめっちゃ悩むことだと思うので、色んな方面から考えてみると面白いなと思いました。

ってことで今回の要点は好きより嫌いを観察すること!

そんじゃ、また。