アフリカを旅した話をすると「生きて帰れてよかったね」と言われた心の反応。

今回は自転車の旅を終えて日本に戻ってきた後に旅路を話をした後に感じたことを書いてみます。具体的に言うと自転車でアフリカ大陸を旅したんですが、その旅が自分にはとても気に入っていて色んな人に話をしてみました。すると「生きて帰れてよかったね。」って言われたので、自分ではびっくり。なるほどと思う気づきもあったので書いてみたいと思います。

アフリカの話をしてもらった返事に逆にビックリした話!

アフリカ大陸を自転車で旅してました、冨田隊長です。

何度かアフリカ大陸の自転車旅のことをこのブログやSNSを通して発信してきました。

日本に戻ってからはその経験を共有したいと思い、色んな人にお話しさせてもらう機会をもらったんですね。

そしてお話しさせてもらったら、なんと予想してなかった答えが返ってきてビックリしたんです。

それが、

「生きて帰れてよかったね。」

だったんです!

あ、

もしかしたらあなたもそう思ってますか?w

はい。

変な方は自分です。(笑)

って思わなかったんですよ。

だから生きて帰れてよかったねって言われてビックリしちゃったんですよ。

人によって全く角度が違う事実を知った!

そこで自分がビックリした理由を考えてみたんですよ。

だって自分はとてもじゃないけど生きて帰れないなんて思わなかったですから。

そりゃ、強盗には会うかもしれないとは思わなくはなかったですけど。

でもアフリカにそこまで危険なイメージを持ってなかったですよね。

まぁ事実、アフリカ大陸のいくつかは危ない国であるわけですけど。

じゃ、なんで「生きて帰れてよかったね」って言われてしまうのか。

それって単純に考えるとアフリカって存在をどう捉えてるかの違いなんだと思いました。

アフリカ = 生死に関わる出来事が起こる場所

って捉えてしまえば確かに「生きて帰れてよかったね。」って言葉になりそう。

って、思いました。

アフリカは同じなのに、

全く違う価値観。w

これはアフリカに限らず物事を見る角度の違いなんだなって思いました。

自分が思ってることって実は特定の角度なんじゃないか!?

で、このアフリカの話から色々と考えてみました。

ってのは今自分がイメージしていることについてです。

例えば、仕事。

仕事ってなんかキツいってイメージがあったんですよ。w

あ、

わかるわかる!って人いますかw

でも、キツいってイメージでやってるからキツいんじゃないかなって思ったんですよ。

だから仕事は楽しいイメージだと思ってみたんですよ。

ここ重要で思ってみたなんですよ。

だから過去そんなことなかったんだけど、とりあえず騙されてみることにしたんです。

そこで挑んだのが遊園地のアルバイトでした。

するとめちゃめちゃ楽しかったんですよ。w

いや、冗談抜きで。

そのお陰なのか、遊園地の社員さんからも褒められました。

初めての遊園地のアルバイトなのに社員さんから褒められたのは嬉しかったんですよね。

イメージが違うだけで全く世界が違う!?

アフリカの話と遊園地の話。

全く関係性がないことなんですけど。

共通したことはイメージの違いです。

そしてイメージが違うだけで自分はその両方を楽しめました。

アフリカに悪いイメージを持たなかったので楽しく過ごせたんです。

仕事は以前はキツいってイメージでやってたんです。

ところが楽しいってイメージでやってみると楽しめたんです。

これってイメージだけで全く違う結果が見えてくるんだって思えたキッカケでした。

これと同じことって実はたくさんあるんだなって思いました。

イメージってとても大事で、全く違う世界を見せてくれるなって思ったんですよ。

アフリカを旅した自分はアフリカに危険というイメージを持ってませんでした。

だからアフリカを旅できたんだと思います。

と、考えるとイメージさえ変えてしまえば何でもできるんじゃないかって思えたんですよね。

そういえばこんなイメージチェンジもあったなぁ〜っと。

なので、何度でも言います。

アフリカはいい大陸ですよ。w

まとめ

今回はアフリカを自転車で旅した話をした人から言われた反応に自分がビックリした話でした。

でも、これって本当だなぁって思う部分もあったので、考えてみました。

物事は同じなのにイメージが違うだけで全く違う物にすら見えてしまうだろうなと思いました。

人間は面白いw

そんじゃ、また。