高所恐怖症だった自分がバイロンベイでスカイダイビングできた理由!

オーストラリアのバイロンベイと呼ばれる場所でスカイダイビングをした、冨田隊長です。スカイダイビングはこの時初めて行ったんですけど、色々と面白い世界を見せてもらえました。そして最も伝えたいのは自分は高所恐怖症だったってこと。そんな自分でもスカイダイビングにチャレンジできた理由を書いてみたいと思います。

オーストラリアのバイロンベイはヒッピーが多い街!

今回はオーストラリアのバイロンベイでスカイダイビングをしたお話。

ところでバイロンベイってどこ?

って人のためにバイロンベイをちょっと紹介しておきます。

場所はこちら。

実はバイロンベイってオーストラリア大陸の最東端の地でもあるんです。

バイロンベイの東の端にある灯台にも行ってきましたよw

そしてバイロンベイはヒッピーが結構いるんです。

ヒッピーの町っぽいですね。

自分は葉っぱをしないので興味ありませんが、結構いるw

普通に裸足で街中ウロウロしてる連中や、ボロ衣着た人が多いです。

と、同時にオーストラリアの中でも有名な観光地なので旅行者も多いのがバイロンベイの特徴です。

高所恐怖症の自分がオーストラリアのバイロンベイでスカイダイビングすると決めた経緯!

で、このバイロンベイでやったこと!

それは、

スカイダイビング!

やったことありますか?(笑)

自分はこの時が初めてのスカイダイビングとなりました。

いや〜

テレビでやってるのみた事あるんですけど、もうね〜、すごっ!

ってしか思えなくて。

でもせっかくオーストラリアにきたし、何かやりたいよね〜

って思ってたら、知り合った台湾人からバイロンベイでスカイダイビングができるよって教えてもらったんです。

え?

スカイダイビング!?

本当にスカイダイビングなんてできるのか?

って、この時は思っちゃいましたね。

ってのも自分は高所恐怖症だったんですよ。(笑)

小さい時から高いところが嫌で、ジェットコースターも苦手でした。

ってかジャングルジムのてっぺんとかも嫌で、小学校の遊具は高いとこ嫌イヤ人間でしたね。

そんな自分がスカイダイビング!?

ってかなり勇み足だなぁと思いましたが、

むしろスカイダイビングこそ今最大の挑戦じゃないかって思えたんですよ。

だからブリスベンに遊びに来る友達と一緒にスカイダイビングをする予定にしました。

どうやって高所恐怖症を取り除く!?

で、ここからが本題です。(笑)

どうやって高所恐怖症を取り除くか!?

ってこと。

高所恐怖症じゃない人にはきっと理解してもらえないと思いますが、高所って怖いですよ、ええ。(笑)

一応、本能的に高所な場所(アンバランスなところ)へ行くのは怖がって当然だそうです。

参考に→高所恐怖症wikipedia

なので高所恐怖症じゃない人の方が変なんですよ。

って一応言っておきましょう。

で、この高所恐怖症の原因って知ってますか?

そう!ズバリ!

思い込みなんです。

いやいや、本当に。

高所が怖いって思ってしまうから高所恐怖症になるんです。

じゃ高所が怖いって思わなかったら高所恐怖症じゃないかも?

なんて思いません?(笑)

いや、実際そうです。

高いところを怖いと思うか思わないかで全く世界が違うんですよ。

言葉で言うのは簡単ですけど、じゃどうやって高所恐怖症の原因、怖い思い込みを変えるかって話です。

潜在意識に潜む高所恐怖症を書き換える!

ちょっと脳みその話になりますが、人には顕在意識と潜在意識って2つの意識があるんですよ。

顕在意識とは意識しているそのもの。

潜在意識とは無意識の意識。

無意識の意識なんて、ちょっとわかりずらいっすね。w

まぁ詳しくはまた別の機会で。

で、この2つのうち影響力が強いのは、

無意識の意識である潜在意識の方なんです。

つまり今回の話で言えば、潜在意識が高所恐怖症になってる状態だから怖いんですよ。

ほら、高所恐怖症って無意識じゃないですか?

怖い感覚を選んでないでしょ?

選んでたらそれは顕在意識です。

でも高所恐怖症はきっと無意識で怖いって思ってるパターンだと思います。

じゃ、この潜在意識を変えるにはどうしたらいいのか!?

スカイダイビングの話で言えば、空を飛ぶイメージを気持ちのいいものに変えるように働きかけました。

自分の場合はマリオになろう!って決めました。(笑)

羽帽子マリオのイメージ

(羽帽子の羽マリオmariowikiより)

ほら、空を飛ぶのが気持ち良さそうですよね。

自分はスカイダイビングをする前から羽マリオのミュージックを聞いてました。

世代なので64マリオですw

とにかくこの音楽とマリオが空をスイスイ飛んでるイメージをひたすら描くんです。

するとスカイダイビングに対する気持ちに変化があるんですよ。

前は落下したら怖いとか思ってしまってたのに、

、、、

空をスイスイ飛べたらなんて爽快なんだ!

って思えるようになってきたんです。

これが潜在意識の変化ですよ。

って事でいざスカイダイビングへ!

実際に高所恐怖症が克服できたか飛んでみた!

では、バイロンベイへ話を戻します。

今回バイロンベイでスカイダイビングをお願いしたのはこちら。

Skydive Australia

せっかくスカイダイビングをするのなら写真を撮ってもらおうとオプションを付けてもらいました。

受付を済ませると簡単な講習があって装備品についてインストラクターの方から説明がありました。

その時に、インストラクターが「怖いか!?」なんて脅してきますw

でも俺は羽マリオだから!って潜在意識が働いてたのでほとんど怖いなんて思いませんでした。

いや、本当に。w

いざ、セスナに乗って空へ。

セスナはどんどん高度を上げていきます。

もうね、雲の上。

今回はバイロンベイ上空4,000mのところからスカイダイビングをするってやつでした。

上空4,000mって富士山より高いです。

そしてスカイダイビングをするって最も実感した場面はセスナのドアが開いた瞬間。

4,000mも上空になるとやっぱり気温が低いんですよ。

その肌寒さが一番空を感じさせてくれました。

そこでもインストラクターは「怖いか?」って脅してきますw

だから「お前も死ぬぜw」って言ってやりました。

笑ってたけど。(笑)

とか言ってたら・・・

スカイダイビングって本当に一瞬!

次の瞬間にはセスナの外に!

ってスピード感でしたね。

スカイダイビングは本当に爽快だった

まじで

まじで

息ができない!!!

ってレベルでオモロイです!

本当に凄いアドレナリン放出でしたねw

眼下にはバイロンベイの砂浜と太平洋の青い海が広がって、雲もグングン近くなっていきました。

見える風景は全て初めて。

体験していることも全て初めて。

そう、

この瞬間、

高所恐怖症だった自分は空を飛びました。

バイロンベイを眼下にスカイダイビングは最高

落ちている時間は多分2分くらいしかなかったと思うんですけど、本当にあっという間でした。

それに超不思議なことに、撮ってもらったビデオを後で見ると意外と冷静な自分がいました。(笑)

すげーな俺w

と我ながら思ったり。(笑)

それくらい人間って潜在意識が違うだけで超違うんだって思いました。

さぁ世界観を変えて空を飛ぼう!w

スカイダイビングは本当に、本当にオススメ!

まとめ

高所恐怖症だった自分がスカイダイビングを行えるようになれた経緯です。

面白いですよね、人間って。

と、我ながら思いました。

スカイダイビングは本当に中毒性があるので用法容量正しくお使いください。(笑)

そんじゃ、また。