英語で「〜の下に」はこれで完璧!Under、Below、Beneath、Underneathの使い分け!

2018年5月8日

ただいま英語を絶賛勉強中の冨田隊長です!今回は、似ているけどちょっと使い方が違う英単語を調査してみました。調査対象とした英単語は【Under、Below、Beneath、Underneath】の4つの使い方です。どれもパッと見の意味は同じで「〜の下に」ですよね。でも調べてわかりましたが、これらちゃんと使い分けれます。

英語で「〜の下に」を徹底攻略その1!Underの使い方!

それでは早速「〜の下に」と訳す代表格Underから調査結果を報告していきたいと思います!

Underを使う場合を例文を使って説明していきますね。

物理的に何かの下にある状態がUnder!

We are sitting under the tree.

(私たちは木の下に座ってます。)

はい、最も基本的なこの英文書ですが、これがUnderの使い方です。

この文書でのUnderの役割は3次元の物の下に〜となります。

3次元というのは物体ということです。

つまり物理的に何かの下にある状態を表す時にUnderを使うんですね。

階層を表す時にUnderが使えます!

次のUnderの例文を。

I wear a T-shirt under a coat.

(私はコートの下にTシャツを着ている。)

この文書の要点はズバリ!階層です。

ここでは服を重ねて着ているという表現にUnderを使用してますよね。

物理的に階層を作っている物を表現する時はUnderが適用できます。

数字、お金、時間で「〜以下」とする場合のUnder!

次のUnderの例文を。

You cannot purchase alcohol if under 20 age.

(20歳以下の場合、お酒を購入することはできません。)

Underを使うと数字で「〜の下に(ここでは〜以下)」と表現することができます。

また数字以外にもお金、時間などはUnderで表現してあげるのが一般的。

Underを使って数字、お金、時間の「〜以下」と表現することが可能!

精神的な気分や環境を表現するUnder!

ではUnderを使った最後の例文を。

We are doing well under the law and regulation.

(我々は法律と規則の下、上手くやっています。)

もしくは、

I work under a lot of stress.

(私はたくさんのストレスを抱えて仕事をしている。)

この二つの文書は共に目に見えない規則や気分をUnderで表現してますよね。

ここのUnderは精神的な気分や環境をUnderを使って表現しています。

以上、4つのUnderの使い方でした!

英語で「〜の下に」を徹底攻略その2!Belowの使い方!

次はBelowで「〜の下に」を表現する使い方です。

同じ状況下の物体の関係を示すBelow!

こちらも例文からいってみましょう!

The yellow magnet is below green one on the board.

(掲示板にある黄色い磁石は緑の磁石の下にあります。)

この例文のBelowが表現しているのは、掲示板という同じ平面上に置かれている黄色と緑の磁石の位置関係です。

この例文の要点はズバリ!同じ状況(ここでは掲示板)にある物体(ここでは磁石)の位置関係をBelowで表現していることです。

自然環境を数字で評価するBelow!

では次のBelowの例文を。

Tomorrow’s temperature will be below 5 degrees.

(明日の気温は5度を下回るでしょう。)

Underでも数字を取り扱ったのでちょっと困惑してしまいますが、Belowでも数字を取り扱うことができます。

ただしBelowで取り扱う数字とは気温、海面、標高などです。

Underとの住み分けはBelowの方が自然環境を数字で評価する基準値に使用すると覚えればOKです。

「〜以下を〜ください」で使えるBelow!

では次のBelowの例文を。

You should read the instruction as below before you start it.

(開始する前に以下の指示をお読みください。)

この表現はよく使うと思います。

同意書や契約書にサインしたり、何かを承諾したりする際に「〜以下をお読みください」ってよくありますよね。

その際に使えるのがBelowです。

つまりBelowは「〜以下の物事を〜」と表現する際に適用できます。

以上、3つのBelowの使い方でした!

英語で「〜の下に」を徹底攻略その3!Beneathの使い方!

それではどんどんいきましょう!

次はBeneathで「〜の下に」を表現する使い方です。

物理的に目に見えない物体を示すBeneath!

Entire ground is covered beneath plenty snow.

(地面全体はたくさんの雪で覆われた。)

Beneathを使う時は特徴的な点があります。

この例文のBeneathは下に位置する物(ここでは地面)は物理的に目で見えない状態(雪で覆われたため)になるということを意味してます。

水面下の感情や感覚を汲み取るBeneath!

では次のBeneathの例文を。

He wants to say something just beneath his face.

(彼は何か言いたそうな表情をしている。)

この例文のBeneathはもう何か言いたそうな表情が伝わってくるってことですね。

あいつ怒ってるぜ!って察したりするのも「beneath his anger」で使えます。

つまりBeneathは水面下の感情とか感覚を表現する時に使う単語になります。

役職や地位など目に見えない状態を比較するBeneath!

最後のBeneathの例文を。

My rank is beneath his rank in our company.

(私の役職は彼の役職より低い。)

Beneathはこれまでの例文全てで当てはまりますが、目に見えない状態を意味します。

この場合は役職の上下を言ってますよね。

ここのBeneathは役職の位という目に見えない上下関係を表す時に使います。

Beneathで「〜の下に」を表現する時は下にくるものは目に見えない状態という規則があります。

以上、3つのBeneathの使い方でした!

英語で「〜の下に」を徹底攻略その4!Underneathの使い方!

それでは長くなりましたが、最後の「〜の下に」のUnderneathの使い方です!

まぁ最後なんで気楽に言うと、Underとほぼほぼ一緒です。

正直、Underneathなんていらなくね?(笑)

って、個人的には思いますが、まぁUnderneathが存在するので仕方ありません。

さて、そんなUnderneathですが、Underとほぼ一緒の使い方をします。

何が違うのか!?

Underneathの特徴は強調して「〜の下に」を示す場合や、感情を交えて表現する時に使います。

強調して「〜の下に」を表現するUnderneath!

Underneathの例文を。

The glasses are underneath the table!

(メガネがテーブルの下にありますよ!)

メガネがテーブルの下にあると踏んでしまう可能性がありますよね。

だから強調するUnderneathを使うとベターです。

このパターンはUnderでももちろんOKなので、Underneathは熟練者向けですね。(笑)

でも結構ネイティブはUnderneathを使ってますので、覚えておいて損はありません。

まとめ

はい、英語で「〜の下に」を表現するUnder、Below、Beneath、Underneathの使い方を調べてみました。

いや〜、使い分けれるか不安ですね。(笑)

次は対義語の「〜の上に」を調べてみたいと思います。

そんじゃ、また。