【世界遺産の街サン=ルイ】モーリタニアとセネガルの国境ロッソを越えて入国!

治安が悪いと言われるロッソの街を通過してモーリタニアからセネガルへ!

現在、アフリカ大陸のセネガルを自転車で旅してます、冨田隊長です。今回は、治安が悪いと言われるモーリタニアとセネガルの国境であるロッソを越えてセネガルへ入国した体験と、セネガルの世界遺産の街サン=ルイの街の安宿と治安を合わせて紹介をしたいと思います。



モーリタニアとセネガルの陸路国境ロッソ越え!


今回は大きく2つのことを伝えたいと思います。

治安が悪いと言われるロッソの街でモーリタニアとセネガルの国境越え!

セネガルの世界遺産の街サン=ルイの治安と安宿!

です。

まずはモーリタニアからセネガルへ入国したロッソにあるセネガル川を渡った経験からです。

実はこのロッソという街、多くのサイトでは非常に治安が悪いという評判でした。

治安が悪いと言われるロッソの街はモーリタニアとセネガルの国境です。

自転車で旅しているので基本陸路で国境を越える必要があるためロッソの街を通過するのは必須でした。

どうなるかな?

と、思いながらも、これまで西サハラやモーリタニア内陸部の激しい環境を越えてきたからまぁ大丈夫だろうと開き直ってロッソへ向かいました。(笑)

写真はモーリタニアとセネガルの国境を作っているセネガル川。

治安が悪いと言われるロッソの街を通過してモーリタニアからセネガルへ!
アフリカ大陸に入って以来、初めてまともな水量豊富な川を見ました。

これまでモロッコ、西サハラ、モーリタニアと砂漠の国々でしたからね。

ここを渡ってモーリタニアからセネガルへ入りました。

それで治安が悪いと言われるロッソの街はどうだったのか?

ロッソの街に滞在した時間は5時間程度でしたが、特に危険な目にはあいませんでした。

ただ注意点がいくつかあったので、それを紹介したいと思います。

写真の撮影は厳重注意される!


遥々サハラ砂漠を越えてロッソの国境までやってきたのでセネガル川を写真で撮ろうとしたらめちゃくちゃ怒られました。

自然の川を撮影しているだけでなぜ怒るのかわかりませんが、モーリタニアの警察には都合が悪いようです。

もちろん、個人を撮影しても怒られます。

理由がわかりませんが、ここはアフリカなので大人しく従った方が無難ですね。

いつでも入出国手続ができるわけじゃない!


なんとロッソの街では、真昼間なのに国境の入出国手続ができないんです。

厳密にいうとセネガル側はいつでもオープンだそうですが、モーリタニア側が昼休みという名の入出国手続を行わない時間があるんですね。

まぁ昼休みはわかるけど、交代制とか何とかして対応できるだろうと思うのは日本人です。

ここはアフリカですから。(笑)

聞いた話によると12時〜15時の間はお昼休みだそうです。

3時間も長いだろ!と思うのも日本人です。

ここはアフリカですから。(笑)

いづれにしろ船で川を渡らなければならないので無料のフェリーに乗るのであれば15時まで大人しく待つしかありません。

もしくは、有料の小型船舶であればいつでも川を渡れます。

値段は2,500〜3,000ウギア(800〜1,000円程度)でした。

ロッソの街では話しかけてくる奴らが多いので無視しよう!


ロッソの街が治安が悪いと言われる所以だと思いますが、とにかくダフ屋が多いです。

両替、物売り、仲介屋が本当に多いです。

だから完全に無視しましょう!(笑)

ボチボチしつこい人もいましたが、基本的に無視してれば大丈夫でした!

治安が悪いと言われるロッソの国境越えで必要なもの


今回、自分はモーリタニアからセネガルへ渡ったんですが、モーリタニア側、セネガル川でそれぞれ必要なものがあります。

【治安が悪いと言われるロッソで国境越え】モーリタニア側で必要なもの


まずはパスポートのコピーです。

ロッソ国境の渡船場手前で印刷屋があるので50ウギアで印刷できます。

反対にセネガルからモーリタニアへ入国するのであればモーリタニアビザが必要になります。

国境で取得可能でした。

55ユーロです!

【治安が悪いと言われるロッソで国境越え】セネガル側で必要なもの


セネガル側ではイエローカードの提示が必要になります。

それ以外は特に必要なものはありません。

セネガルはビザも必要ない国なので楽勝です。

以上、治安が悪いと言われるモーリタニアとセネガルの国境ロッソでした〜!

セネガルの世界遺産の街サン=ルイ


次にセネガルの世界遺産の街サン=ルイです。

ロッソの街から自転車で100キロ!

車ならおそらく2時間くらいだと思います。

自転車旅なので正確な時間はわかりませんが。(笑)

サン=ルイはフランス植民地時代に西アフリカの首都機能を担ってた街として世界遺産に登録された街なんですね。

セネガルの世界遺産の街サン=ルイの治安


サン=ルイは世界遺産の街なので観光客が普通に歩いてます。

普通に歩く分には問題ないと思いますが、夜はあまり出歩かない方がいい雰囲気でした。

市場とかは活気がありますが、ボチボチ物乞いもいるので手荷物は注意しておいた方がいいと思います。

また世界遺産の街なので仲介屋やシツコイ物売りがいるので面倒だと思ったら完全に無視しましょう!(笑)

治安は昼は大丈夫!

夜の治安は怪しいという評価ですね。

こちらがサン=ルイの島へ渡る橋とカラフルな船。

セネガルの世界遺産サンルイの街と船
サン=ルイを流れるセネガル川にはたくさんのカラフルな船が停泊してました。

市場や島の反対側はかなりカオスな感じです。

セネガルの世界遺産の街サン=ルイの安宿


サン=ルイ中心地の宿を3軒ほど回り、ネットで値段を見ましたが平均で10,000〜20,000FCA程度でした。

因みに回ってみた宿はこちらです。(Auberge de L’ile)



サン=ルイのど真ん中にあるのに9,9000FCAは安いですね!

もう一軒も同じ界隈です。

バーが併設されている宿でした。(HARMATTAN Hotel Et Bar)



こちらは15,000FCAでした。

最後は3件回った内で最安値の宿です。

ちょっとサン=ルイの市内から遠いのが難点!(Auberge le Pélican)



値段は7,500FCAでした。

ぜひ世界遺産の街サン=ルイの旅の参考にしてもらえればと思います。

しかしながら、世界遺産の街サン=ルイと言われますが、個人的な感想を言うとフランス時代の歴史を勉強してないと特に何も感じない街でした。(笑)

街自体は新しくないけど、古さもそこまで感じなかった上に、特別な何かがあるってわけじゃなく。

あれ?

魅力がない?

事実、歴史を知らないとサン=ルイはあまり楽しくないと思います。(笑)

なので事前にサン=ルイの歴史を知っておくとさらに楽しめると思いました。

まとめ


今回はモーリタニアからセネガルまでの入国の治安と世界遺産サン=ルイの治安と安宿についてまとめてみました。

ロッソとサン=ルイ、どちらも日本から遠い国ですが、文化は特徴的です。

参考にしてくださ〜い!

そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA