【偽チケットの作り方】往復航空券が必要な国は偽チケットで!

2018年5月8日

今回は最もブラックな情報です。というのも、世界のいくつかの国では往復航空券を予め用意していないと入国できない国があります。でも、滞在期間を自由に決めたいと思う人も多いはずです。そこで非常に有効になるのが偽チケット!今回は偽チケットの作り方を紹介します。

偽チケットを作るために必要なツール

今回はかなりブラックな内容になります。(笑)

よって、情報は提供しますが、自己責任でお願いします。

それでは早速いきましょう。

必要なツール!

【偽チケット作成】画像編集ソフト

まずは画像編集ソフトです。

最も便利なのは言わずもがなAdobe Phot Shopですね。

でもこのツールは有料なのでほとんどの人は持っていないと思います。

持ってる人はフォトショでサクサクっと作ってしまいましょう。

では、フォトショを持ってない人はこちらのツールを使いましょう。

フリーの画像編集ソフトで有名なジンプ(gimp)です。

フリーなのでダウンロードはこちらからどうぞ。

【偽チケット作成】google chrome拡張機能

画像編集ソフトと合わせて必要になるのはgoogle chromeの拡張機能です。

え?google chromeを使っていない?

え〜、すみません、google chrome使ってください!(笑)

googleのステマではありません。

必要なんです。

では、google chromeの拡張機能です。

必要な拡張機能は二つ。

まずはページ全体をイメージ化してくれるフルページスクリーンキャプチャー

ダウンロードはこちらからどうぞ。

次に翻訳機能であるgoogle翻訳

ダウンロードはこちらからどうぞ。

これで準備が整いました。

偽チケットの作成編!航空券の仮予約をする

偽チケットの作成方法です。

言うなれば、チケットの予約はするけど、決済はしないという手法です。

どうやって?

それはこちらの航空券予約サイトで行うことができます。

ena

こちらのサイトで航空券を予約する際に、最後の決済方法を選択する場面があります。

そこで、クレジットカード決済は選ばずに、コンビニ決済を選択します。

すると航空券の予約のような画面が現れるので、その画面を先ほどダウンロードしたgoogle翻訳機能で英文化します。

英文化することでより海外で使用できる可能性が高まります。

さらに英文化した画面を同じくダウンロードした画面キャプチャー機能を使って完全にコピーダウンロードします。

これで偽チケットの仮完成です。(ニヤリw)

偽チケット作成手順!仕上げは画像編集ソフトでしっかりと

さて、仮完成した偽チケットも後少し手を加えます。

単純にダウンロードした画像だけではまだ十分ではありません。

なぜなら、しっかりとコンビニ決済してくださいという警告文章のような部分があるからです。

そこで登場するのが最初に紹介した画像編集ソフトです。

画像編集ソフトで不必要な部分をどんどんトリミングしていきましょう。

そんなのやったことない!

と、いう方のために、こんな記事見つけました。

画像編集ソフトの使い方はこれらの記事を参考にどうぞ。

フォトショをお使いの方はこちらを参考にどうぞ。

意外と簡単?Photoshopで画像を切り抜く方法

ジンプ(gimp)をお使いの方はこちらを参考にどうぞ。

GIMP で画像を切り抜く(トリミング)7つの方法

不要な部分がわからないという方は一度日本語でページ全体をダウンロードしてみてください。

その際に、コンビニ決済期限や金額が表示されている部分があります。

その部分がズバリ!不要!なんです。(笑)

不要な部分をサクサクっと削除しちゃってください。

え?こんなに簡単にできちゃうの?

ええ、こんなに簡単に偽チケットは作れちゃうんです。

これであなたも偽チケット職人ですね。

おめでとうございます。(笑)

まとめ

さてブラックな情報ですが、非常に有効な偽チケットの作成方法を紹介しました。

偽チケットの作成は結構やってる人が多いんですよ。

でも、最後にもう一度だけ伝えておきます。

自己責任でお願いします。(笑)

そんじゃ、また。