世界を飛び回って思う旅行の楽しみ方!有名な観光地は行くな!

2018年5月7日

海外だけではないのですが、旅行先は常に流行とビジネスによって注目度が変化しています。そして大半がビジネスの煽りで成り立っているなと感じます。それはなぜか!?現地人に聞けば、有名な場所は物価が高く、また騙そうとする人間も多いから行かない方が良いと言われる場所が多いからです。ではどういう場所がオススメなのか!?それはズバリ有名になる前です!

有名な観光地でよくあるトラブル

有名な観光地は世界中でたくさんありますよね。

中には日本では絶対に見ることができない絶景もあったりして、それはそれは素晴らしい場所もあります。

でも、本当に残念なトラブルも有名な観光地では多く発生してるんですね。

では、どんなトラブルが有名な観光地で多く起こっているか簡潔に書いてみます。

通常料金の3倍の値段が定価となっている

道案内をすると言って、別れ際に多額のチップを要求

自身の知り合いが主催するツアーが安いと呼び込むも実際は安くない

これらのトラブルは専ら耳にします。

中には悪質な詐欺師や暴力行為で脅したりされる場合もあったりします。

特にこれらトラブルが多いのはアジアの有名な観光地です。

世界中で見れば至る所で起こっているトラブルなのですが、日本人だけに焦点を当てた場合、日本人が最も訪れる可能性の高い地域であり、また日本との経済格差がある地域であるからという原因があるんですね。

残念なトラブルに合わない旅行をしてほしい理由

トラブル回避、つまりトラブルに合わずに旅行を楽しめる方法を考えてみました。

それはズバリ!

有名な観光地には行かない!!!

「はぁ〜!?」と思う人もいるかもしれません。

でも本気です。(笑)

海外をたくさん旅してきて思うんですが、悪いトラブルが発生してしまうとどんなに良い景色に出会っても思い出はちょっと微妙になったりします。

悪いことなんて忘れてしまえ!

と思えれば良いのですが、大体の人はネガティブな事象にフォーカスしてしまう習性があるんです。

これは喜怒哀楽のことについて書いた時に調べてみました。よければこちらのリンクからどうぞ。

はい!本題に戻します。

トラブルにならない方法は有名な観光地に行かない!という結論ですが、そうは言っても行きたいですよね。

そこでオススメなのはちょっと外した観光地をピックアップするとトラブル率が一気に下がるという事実です。

例えばアジアの有名なリゾート地、セブ島とバリ島でそれぞれオススメをしてみます。

予め断っておきますが、セブ島もバリ島も素晴らしい観光地ですよ。でもトラブルが多いのも事実です。

有名な観光地を外す海外旅行とは

例えばフィリピンのセブ島の場合からです。

セブ島はダイビングやマリンスポーツで有名なので、多くの観光客が訪れます。

そして同じくして、ボッタクリを企む輩も集まります。(笑)

セブ島は人気なので仕方ないですね。

そこでオススメする場所はドゥマゲッティです。

え?スパゲッティ?

いえいえ、ドゥマゲッティ!(笑)

場所はこちらです。

セブ島の南西にあるネグロス島の南東にある街です。

小さな街で、セブに比べて治安がいいです。

もちろん、注目度が低いので、日本人も少ないです。

注目度が低くても品質の高いレストランやリゾートは存在してますし、何より海が綺麗です。

セブ島に求めるものはドゥマゲッティでもナイトライフとショッピング以外なら大体満たせます。

次にインドネシアのバリ島です。

バリ島はセブ島より世界的に有名な島です。

特に西洋人に好かれている島なんですね。

だからインドネシアの中でもバリ島は特別な存在だったりします。

でも、やはりバリ島でもトラブルは多いんですね。

またバリ島は他のインドネシアの地域に比べて単価が高いので、予算が限られているのであればバリ島より別の島をオススメします。

バリ島に変わるオススメの島がこちら。

バリ島の東にあるロンボク島です。

島の雰囲気はバリ島とは異なりますが、インドネシアらしさはバリ島以上です。

インドネシア人もバリ島はオススメしないです。

バリ島よりちょっと外したロンボク島ならトラブルは多くありません。

セブ島もバリ島もすでに有名な観光地です。

オススメは有名になる前です、最も安全かつ公平な価値で楽しく旅行ができるからです。

まとめ

有名な観光地になると当然ですが、物価が上昇したり、騙そうとする人が現れたりするのは仕方ないことです。

これはアジアに限らず世界中どこでも同じです。

あまりにも有名なウユニ塩湖などでは日本人が多くて嫌われているとか。

よそ様の国へ行くのであればマナーも大事ですね。

ぜひ、楽しい海外旅行を!

そんじゃ、また。