カナダやオーストラリアの図書館は非常に快適!WiFi、飲食OK!空間が素敵です。

トロントの図書館

ワーホリで有名なカナダやオーストラリアの図書館事情について触れてみたいと思います。ワーホリでなくても図書館に行ってみてくださいと言いたくなるような素晴らしい環境がカナダとオーストラリアでは揃ってるんですね。両方の国の図書館を利用した経験から図書館の特徴について書いてみたいと思います。



カナダもオーストラリアも図書館が最高


カナダもオーストラリアも先進国です!

経済的に豊かな国って公共施設も充実してるんですね。

特にワーホリメーカーでも使いやすいのが図書館だと思います。

病院や教育機関である学校なども福利がよくて、施設も充実しているんでしょうけど、自分は使ったことないのでわかりません。(笑)

それでは図書館について感想をつらつら書いてみましょう。

まずビックリするのは、カナダでもオーストラリアでも小さな街にも立派な図書館があるという点です。

オーストラリアではそれなりに田舎町に行きました。

人口が数千人の街なんてざらにあるオーストラリアなのですが。

そんな小さな街でもおおよそあるのは立派な図書館です。

大小様々な図書館がありますが、綺麗で書籍の数も多く、そして人が多くない。

この環境があるのは自称勉強好きな自分には嬉しい限りです。(笑)

【カナダ・オーストラリア共通】図書館のWiFiはログインして使う


カナダもオーストラリアも図書館にはフリーWiFiが設置されています。

両方ともパスワードなしで使用できるものが大半です。

ただし、これは図書館によって異なるのでもしフリー接続ができない場合は、図書館のインフォメーションカウンターで確認しましょう。

例えば、図書館を使用するカードを発行してなければ使用できない場合があります。

その場合は、ログインIDとパスワードをそのカードに付帯して発行してもらうだけです。

いづれの方法も無料ですので、ワーホリに来たばかりの人であれば非常に有効かと思います。

【カナダ・オーストラリア共通】飲食や会話ができる図書館


日本で図書館へ行ったことがある人ならわかると思いますが、めちゃくちゃ静かじゃないですか?

日本の図書館は本当に静かだと思います。

ちょっとの音も許されない雰囲気がありますよね。(笑)

まぁそれも国民性なので、日本人の方々に合わせたホスピタリティだとは思います。

ところが、カナダやオーストラリアの図書館では飲食や会話が許されているエリアがあります。

これも図書館によって様々なので必ず全ての図書館がOKという訳ではないですが、今のところ、大丈夫だった図書館しか行ったことがありません。

図書館の中で電話で通話する人や、マックのハンバーガーを食べている人に遭遇した時はビックリしました。(笑)

飲み物に関しては静かにしなければならないエリアでもOKな図書館が大半です。

この驚きは日本の常識で図書館のあり方を考えていたからですね。

もちろんエリアによっては静かな場所もあります。

住み分けはフロアであったり、別の部屋だったりします。

しっかり勉強に集中できる場所もあるのでご安心を!

【カナダ・オーストラリア共通】ラウンジレベルの空間


そして施設がいいので机や椅子に加えてソファーの品質も高いです。

旅人の自分にとってはもはや寝れるレベルですね。(笑)

実際、オーストラリアの畑仕事を終えた後に寝たことがあります。

もう畑仕事はこりごりなのでやりませんが。(苦笑)

また時折日本の漫画本が置かれていたりします。

もちろん英語です。

自分はドラゴン○ールを夢中になって読んでしまい、勉強するのを忘れたことすらあります。(笑)

英語で日本の漫画を読めるのも図書館を使用する利点だと思います。

【カナダ・オーストラリア共通】トイレの品質は高くない


色々褒めましたが、比較すると劣ってるなと思う部分もあります。

それはトイレです。

トイレ事情はさすがのカナダやオーストラリアでも日本には勝てませんね。

というか、トイレは日本が世界一綺麗だと思います。

どこの国に行ってもトイレが一番綺麗だと思うのは日本です。

海外では高級なホテルへ行けばそれは綺麗ですが、日本は全て、綺麗ですよね。

日本の昔からある施設はまぁそれなりの品質の場所もありますが、コンビニなど最近できた施設はトイレが綺麗すぎて外国人が驚くレベルです。

実際、海外を旅してみて、本当にそう思います。

トイレは日本が一番。(笑)

【カナダ・オーストラリア共通】図書館を利用するときの注意点


カナダとオーストラリアの図書館を利用するときの注意点は2つあります。

自分の所持品は必ず自分で守る


図書館といえど盗難があります。

基本的には安全ですが、実際にノートパソコンを取られた人を知っています。

ちょっと目を話す機会があるのであれば持っていきましょう。

また英語で近くの人に、守ってもらえるか訪ねるのも◎ですね!

尋ね方はこんな感じです。

「Could you observe my belongings ?」

「私の所持品を見張ってもらえますか?」

でも責任はその人にないので、そこは自己判断でよろしくです。

営業時間が曜日によって異なる


図書館の営業時間が曜日によって異なります。

特に週末は短いので注意しましょう。

カナダやオーストラリアでは日本の社会のように夜遅くまで営業している店ってほとんどないんですね。

ビジネスシーンでも遅くまで働くことを嫌う国民性なので当然、図書館も週末は開いてないこともあります。

利用するならしっかり確認しましょう!

まとめ


先進国の公共施設はやっぱり綺麗でした。

想像した通りですか?

カナダもオーストラリアもワーホリするなら図書館を使ってみてください。

そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA