英会話の初めの一歩!英語の疑問文はまず2種類をしっかり分別!

英会話の初めの一歩!英語の疑問文はまず2種類をしっかり分別!

英会話を始める時に何から始めればいいか考えたりしませんか。そんな時は疑問文を作ってみるといいと思います。結局、会話というのは質問と応答の繰り返しなわけで、日本語でも英語でも質問は必ず起こり得る要素です。今回は疑問文に注目してみたいと思います。



疑問文には大きく分けて2種類ある


疑問文は大きく分けると2種類あります。しかもその違いはとても簡単に分かります。疑問文も分別は非常に重要で、リスニングや実践会話を行えばわかりますが、英語は文頭に主目的が来るので、そこに合わせて解答が変化します。

今回、英会話の初めの一歩で疑問文を作るという点にフォーカスしたのはこの理由からです。実際、肯定文を作るのは簡単です。自分が思う通りのことを文書にすればいいだけです。

ですが、疑問文は相手から求めている情報を聞き出すために必要な文書です。そう言った意味では肯定文よりは難しいかもしれません。ですが、疑問文を作れるようになると正しい肯定文もわかってるのが面白い点です。

Yes/Noで答る疑問文と答えない疑問文

2種類の違いとは単純に答え方がYes/Noで答えれる質問かそうでないかの種類です。Yes/Noだけで答えられる疑問文とは基本的に個人に特化した疑問文です。英文で言えば「Do you〜」と始まる疑問文です。

一方、Yes/Noで答えない疑問文とは具体的な疑問です。あとで具体的な疑問詞をつけて紹介しようと思いますが、「何時?」や「どこ?」などはYes/Noだけで答えることができないですよね。

大きく分けるとこの2つの疑問文があることがまず初めの理解になります。

Yes/Noで答える疑問文の作り方


Yes/Noで答える疑問文は、最も単純な形式で作成できます。例えば次のような場合が該当します。

Are you happy?
「あなたは幸せですか?」

この疑問文に対して答えは「Yes I am.」か「No I am not.」ですよね。非常に簡単です。

また一般動詞でも同じ形式です。

Do you have a pen?
「あなたはペンを持ってますか?」

この疑問文に対して答えは「Yes I do.」か「No I don’t.」になります。一般動詞の場合は、Doで返事をします。

三人称単数であった場合はこちらです。

Does he run fast?
「彼は速く走れる?」

回答は「Yes he does.」か「No he does not.」なので簡単ですね。

Yes/Noで答える質問は必ず文頭にBe動詞かDoの自制変形がきます。したがって英会話や英語の試験においてリスニングをする際に注意するのは文頭の最初の単語です。それがこれらに該当する場合はYes/Noで答えるんだという意識を持てばいいだけです。

Yes/Noで答えない疑問文の作り方


次にYes/Noで答えない疑問文です。これは疑問文の文頭に疑問詞を使用する場合です。そもそも疑問詞とは何かわかってないといけません。疑問詞にモンスターになってもらいましょう。疑問詞が現れた!



疑問詞には皆さんがよく耳にするものばかりです。日本語でもよく使われる疑問詞ですが、英語で正しく使えるかはまた別の話です。日本の社会でもよく5W1Hというやつです。ですが、実際は5W1Hではなく7W1Hです。全て書き出してみましょう。

疑問詞 意味 使用例
What なに〜? What is that? (それはなに?)
Who 誰? Who is he? (彼は誰?)
Where どこ? Where is my key? (私の鍵はどこ?)
Which どれ? Which is your car? (あなたの車はどれ?)
When いつ? When do you come back? (いつあなたは戻ってくるの?)
Why なぜ? Why does it rain? (なぜ雨が降るんだ?)
Whom 誰の? Whose is phone? (誰の携帯ですか?)
How どう? How is the trip? (旅行はどうですか?)

疑問詞は品詞が持つ意味に合わせて使用します。基本的には文頭に置いて使用します。今回は説明しませんが、関節疑問文で使用する場合は文頭ではなく文中にも使用する場合もあります。

ざっくりと意味を暗記さえしてしまえばかなり使い勝手のいい品詞です。日常会話でも必ず使う品詞でもあるので必須単語と言っていいかもしれないですね。

まとめ


厳密に言えばこの2種類に加えて間接疑問文、付加疑問文など応用はありますが、基本的な判別はこの2つを抑えることです。そのほかの応用編はまた別の機会に説明したいと思います。まずは疑問文を作って使うことが英会話の第一歩だと思います。伝わったという感覚が楽しいですからね。

そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA