なぜフィジーが留学先で有名なのか!?他の途上国との違いを分析しました!

なぜフィジーが留学先で有名なのか!?他の途上国との違いを分析しました!

フィジー留学をご存知でしょうか。最近ではフィリピン留学の方がメジャーになり、下火になってきた感じもありますが、それでもオーストラリアへワーホリで行く人には近いという理由から依然として人気があるフィジーです。今回は他の途上国とフィジーは何が違うのか分析してみました。



オセアニアの諸島国家のフィジー


そもそもフィジーの場所はご存知ですか!?

周辺国家を言えば北にツバル、東にサモアとトンガ、南にニュージーランド、西にバヌアツがあります。周辺国家ですらマイナーな国々が多いのでさっぱりですよね。地図で見てみてください。



フィジーは諸島国家です。場所は日本から約6000キロ離れた南太平洋にあります。簡単に言えば南国の島です。

このフィジーに英語留学ができるという話は聞いたことありませんか?自分は留学業界に関わるまでは全く知らなかったのですが(笑)。結論から、フィジーでも英語留学はできます。

では、なぜ英語を勉強するのに遠く離れた島国フィジーなのでしょうか。この疑問を歴史や政治、地理的要因からまとめてみたいと思います。

オセアニアの諸島国家のリーダー的存在フィジー


まずは地理的要因からフィジーを見てみたいと思います。世界地図をみてもらえばわかりますが、南太平洋にはマイナーな島国がたくさんあります。その中心地的な存在がフィジーです。南太平洋の地域はオーストラリア大陸を含めてオセアニアと呼ばれる地域に分類されます。

そのオセアニアもさらに3つの地域に分別されます。この辺は地図を見てもらった方が早いと思うので、地図で示したいと思います。



3つの地域のうちフィジーはメラネシアに所属します。メラネシアとはそこに暮らす人たちの人種で肌が炭のように黒い人たちという意味らしいです。確かに、メラネシア人は本当に真っ黒な体です。炎天下では表情が確認できないくらいです。(笑)

またメラネシアに属していますが、すぐ隣のトンガやサモアはポリネシアになります。そしてツバルはミクロネシアとなり、3つの地域の中心地に位置しているんですね。

オセアニアはオーストラリアがダントツの先進国でオセアニアの経済を引率しています。その他の国々は諸島国家なので面積も大きくなく、農業など人間が生活するために必要な土地が限られているんですね。

フィジーはその中でも比較的大きな方で、中心地でもあるため、多くの諸島国家へ行く場合の経由地として開発が進められてきました。そこから政治的な要因も含まれオセアニアの諸島国家のリーダー的存在となった経緯があります。

白人が開拓したオセアニア


次に歴史的要因ですが、オセアニアは大航海時代に白人社会が開拓した場所です。大航海時代前は原始人と同じようなレベルの生活を何千年と続けていたと言われています。島なので外敵もなく、人口や流通も限られていて、南国なのでそれは楽園のような暮らしをしていけたわけですね。

そこに大航海時代の文明がやってきて白人たちが支配して行きました。フィジーはイギリスの植民地でした。したがってフィジー人が英語を流暢に話せるようになったのは歴史的要因であることがわかると思います。これはフィジーだけでなくオセアニアの国々のほとんどは英語を話せます。

以前、紹介したエロマンガ島の話、バヌアツでも紹介しましたが、現地語もあります。ですが、現地語の中にも英語とフランス語の単語が混ざってます。詳しくはこちらをご覧ください。



歴史的背景から英語が浸透したことでフィジー留学という新しい産業ができたと言っていいと思います。フィジー留学で講師を務めているのは現地人や移民の先生です。つまりフィジー人の場合もあればオーストラリア人だったり、ニュージーランド人、イギリス人が務める場合もあります。これは学校によると思うので、フィジー留学を検討するのであれば学校へ問い合わせて確認した方がいいです。

また治安もオセアニアも世界的にみて良い方です。オセアニアという世界経済から最も隔離された地域になるので、人や物の交流が少ないです。したがって世界で最ものんびり暮らせる国々であると思いました。

ただし、オセアニアの中でも治安が比較的よくない国があります。それはパプアニューギニアです。パプアニューギニアはオセアニアの中では大きい国土があり、経済力もオーストラリアとニュージーランドに次いで大きいです。

ですが、パプアニューギニアは歴史的にオーストラリアへ亡命しようとした犯罪者などが逮捕され流刑の地としてされていた場所です。実際、パプアニューギニアの治安はあまりよくありません。詳しくはこちらをご覧ください。



フィジーは他の途上国と何が違うのか!?


フィジーの特徴は先ほどの歴史、政治、地理的な要因から他のオセアニア諸国より有利な点があったのでフィジー留学として留学先に選ばれたと思います。でも世界は広いわけでオセアニア以外にも安くて英語が話せる国はたくさんありますよね。

歴史的にイギリスかアメリカが統治した国なら英語留学できるんじゃないの?

確かにそう思います。インドやフィリピンはBPO事業として大きな産業を持っています。BPOについてgoogle先生に尋ねてみました。

(ビジネスプロセスアウトソーシング)とは自社の業務プロセスを外部企業に委託することを指します。 自社業務の一部または全部を外部に任せることで、委託側は自社のコア業務に専念することができます。 アウトソーサー(外部)のノウハウにより、業務の効率化や高品質化、またはコスト削減といった付加価値も期待できます。

つまり英語のアウトソーシング先として世界的に注目を集めている国ということなんですね。実際、インドやフィリピンは英語力に長けていて、人口も多いことから、BPO事業者としては適材適所な訳です。

自分もこのホームページにて紹介してますが、フィリピン留学は確かに英語力を向上させるいい機会だと思います。そのフィリピン留学より以前からあったフィジー留学はどうしてフィジーという場所で行われたのか考えてみました。大きく2つの要因があるようです。

治安と衛生面が良かった

フィジーが選ばれていた理由は治安と衛生面がインドやフィリピンに比べて良かった点が挙げられます。今はインターネットでなんでも情報を収集できる時代になりましたが、以前はインターネットがなく実際に行った人にしかわからない情報だらけでした。そんな時代では特定の人が発信した情報が強いわけですね。

衛生面で例を挙げると、以前書いた献血の記事が参考になります。献血の条件対象国にインドやフィリピンは選ばれていますが、フィジーは選ばれていません。この情報だけを見ればフィジーの方が綺麗だと勝手に思いますよね。例えそれが事実だとしても、未体験のままその情報だけで人は決めてしまうものです。献血についてはこちらを参考にどうぞ。



その時代ではインドやフィリピンの情報も偏った情報が多く、とても旅慣れしてない人が行こうという気持ちにさせる国ではなかったと思います。今はインターネットで個人レベルで情報を収集できる上に多くの人がインドやフィリピンへ渡航するようになりました。

そこで多くの人が「インドやフィリピンでも大丈夫だ」と判断し始めたから、年々フィリピン留学は有名になってきたわけですね。実際、フィリピンへ何度も渡航してますが、年々国の治安は改善されているなと思います。

まとめ


フィジー留学がなぜ留学先として有名だったのか様々な方向で分析してみました。フィジーにももちろん良さはありますが、ちょっと日本から遠いのに加え、近場のフィリピンが同じコストで行けるのであればわざわざ感が出てしまいますね。オーストラリアのワーホリを検討する人も考えてみてはどうでしょう。



そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA