オセアニアの秘境は凄い!パプアニューギニアで出会った民族!

オセアニアの秘境は凄い!パプアニューギニアで出会った民族!

オセアニア地域は世界経済から最も隔離されている地域と言っても過言ではないと思います。それを実証させてもらったのがパプアニューギニアです。パプアニューギニアは世界で最も多くの言語と他民族国家であり、その数は800を超えます。



オセアニアのパプアニューギニアについて


そもそもパプアニューギニアはどこにあるか知ってますか?

独特な国名なので聞いたことある人は多いと思いますが、実際に行ったという人はかなり珍しいのではないでしょうか。

ちなみにパプアニューギニアはここです。



パプアニューギニアに行こうと思った理由はとっても単純です。

名前が面白い!からです。(笑)

パプアニューギニアなんて印象的な名前の国があるのなら行かずにはいられないと早速航空券を探しました。

そして航空券を調べていると驚きの事実がわかりました。

なんと秘境の国パプアニューギニアまで日本から直行便があるという事実です。

パプアニューギニアまでは日本からニューギニア航空が就航しています。HPはこちらからどうぞ。

ニューギニア航空


ニューギニア航空は品質の高い国営航空会社です。

日本で言えばANAやJALレベルです。

だからLCCのように値段が安くなったのでビンボーバックパッカーには乗れません。(笑)

自分はオーストラリアも見てみようという気持ちでオーストラリアのケアンズを経由してパプアニューギニアの首都ポートモレスビーまで行きました。

ケアンズまではLCCで有名なジェットスター航空が就航しているので、タイミングが合えば安くオーストラリアまで行けます。

ジェットスター航空


さて、パプアニューギニアまでの行き方もわかったので本題に入りたいと思います。

パプアニューギニアのイメージってどんなイメージですか?

見たことないですけど、アニメのパプア君のイメージで動物を狩って生活してそうですよね。

この平成時代にそんな生活をしながら生きている国があったら面白いと思いませんか?(笑)

実際はどうなんだろう?とう気持ちが大半でした。(笑)

ちなみにパプアニューギニアの首都はご存知ですか!?

ほとんどの人が知らないと思いますがポートモレスビーといいます。

オセアニアはオーストラリアとニュージーランドを除くと諸島国家ばかりなので首都でさえ数万人の都市ばかりですが、パプアニューギニアの首都ポートモレスビーだけは都市と言える大きさです。

でも都市な分、ほかのオセアニアと決定的に違う部分があります。それは・・・

治安が悪い!!!

本当にこれは残念ですが、事実です。

パプアニューギニアの首都ポートモレスビーでは強盗が日常茶飯事です。

パプアニューギニア人の友人がいるので、治安について話してみたら、警察でも取り締まれないとのことでした。

理由はパプアニューギニアの社会インフラにも要因があるようです。

ほとんど開拓されていないパプアニューギニアでは首都のポートモレスビーですらジャングルがすぐ近くにあります。

ですから犯罪を犯してもジャングルに潜り込んでしまえば捕まらないそうです。

パプアニューギニア人は犯罪をする集団をラスカルと呼んでおり、現地人ですら怖いという存在です。

特に夜のポートモレスビーを徘徊するのは自殺しに行くレベルだとか。(笑えません)

ですので、パプアニューギニアへ行くとしてもポートモレスビーはオススメしません。

ではパプアニューギニアのどこがいいのか!?

はい、パプアニューギニアはポートモレスビーやレイ(第二の都市)等の都市を除いて田舎へ行けば治安がずいぶんとよくなります。

それでも夜は出歩かないようにした方がいいですが。

パプアニューギニアのマッドマンに会いにゴロカへ


それではちょっとパプアニューギニアの悪い部分ばかり紹介していたので本題のいい部分も紹介したいと思います。

今回、紹介したいのはパプアニューギニアの伝統民族が暮らすゴロカという町です。

パプアニューギニアは国の真ん中を東西に巨大な山脈が走っており、南北の交通を隔てています。

その山脈の中に町があるのですが、その一つにゴロカがあります。地図でいうとここです。



ちょうどパプアニューギニアの中心辺りにあります。

熱帯の国パプアニューギニアですが、この山脈は標高4000mを超えるので夜や朝は普通に寒いです。

そしてゴロカの町からPMVと呼ばれる現地のバスに乗ってアサロと呼ばれる集落へ行きます。

アサロと呼ばれる集落がマッドマンが生息する集落になります。

アサロはこの辺です。



アサロはゴロカよりさらに田舎です。

というか、田舎ぐあいが半端ないです。(笑)

まず電気・ガス・水道がありません。

これでももうすでに十分不便ですよね。

ですが、世界の秘境と呼ばれるパプアニューギニアの田舎ゴロカのアサロはこんなレベルではなかったのです。(笑)

パプアニューギニア人にトイレはどこか尋ねました。

もちろん、返ってきた返事は草むらを指さして「その辺の藪でしろ」です。(笑)

はい、、、わかりました。(笑)

更に面白かったのはお風呂です。

皆さん、想像してください。電気・ガス・水道・トイレがない村のお風呂はどんなものだと思いますか。

答えは・・・

沐浴!!!

なんだ~、川か。

と思った人、ちょっと待ってください!!!

インドのガンジス川も汚いので入りたくないですが、4000mの山脈から流れてくる川の水温どれくらいか想像できますか。

熱帯の国パプアニューギニアでも4000mの山から流れる水はそれはもう冷たいです。

冷たくて気持ちいいを通り越えて寒くて気合がいるレベルです。

ですので、現地人はある儀式をして沐浴をしていました。

その儀式とはなんでしょうか。

答えは・・・

川岸を体が熱くなるまで走る!!!

なので、自分も川へ飛び込む前にパプアニューギニアの儀式である河岸をダッシュしまくりました。

シャワーを浴びる前にひと汗かいたらそれはさぞかし気持ちいいわけですね。(笑)

パプアニューギニアの秘境!アサロのマッドマン


さて、沐浴も終わったので、いよいよ今回の本題であるパプアニューギニアのマッドマンに会いに行きました。

すでにお気づきな方も多いと思いますが、今の時代パプアニューギニア人でも泥のお面を被って生活はしていないようです。(笑)

従ってマッドマンになってもらう必要があるんですね。

もちろん、観光になるので有料です。

でもせっかくパプアニューギニアの奥地まで来たのですから、見たいですよね。

現地のツアー会社にお願いすると300キナ(約1万5000円)かかるので、直接交渉しました。

直接交渉した結果自分は100キナでマッドマンの儀式と+50キナでモコモコ族のダンスを見せてもらいました。

まぁ一人で7500円はボチボチいい値段ですが、秘境の民族と再会するのであれば背に腹は代えられません。

マッドマンの儀式を見終わった後はマッドマンになってくれたパプアニューギニア人の友人の家に宿泊させてもらいました。

パプアニューギニアという秘境のアサロという田舎の村に泊まれる体験ができたのは貴重です。

まとめ


パプアニューギニアはいまだに魔女狩りが行われているようで、このような少数民族の儀式は時に狂気を感じてしまいます。

ですが、世界の広さも同時に感じますね。まだまだ知らないことばかりだから飽きませんね。(笑)

そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA