日本人は自国を知らないと言われるが日本文化も1つの要因!

2018年7月30日

セブでプレゼンして気づいた!日本人は自国のことを知らないと言われるが、それは考え方の違いも一つの要因!3




海外旅行をした人の体験談でよく「日本の事を知らなくて、説明できなかった」って事を聞きます。

これに関しては確かに〜と思う人もまぁまぁいますね。正直。(笑)

ただ、その背景には日本人らしい習慣もあると思いました。

その習慣とはまさに日本人文化そのもの!

今回はフィリピンの大学生と日本の大学生の交流会を行った時に感じた事を経験から書いてみます。

日比交流プレゼンテーション!

今回は日本人は自国の事を知らないという原因を日本文化と紐付けてみたいと思います。

というのも、フィリピン人達と比べてみて日本人は日本人だなと思うことが多々あったからです。

じゃどういうことか?

それは日本人とフィリピン人の習性の違いってことです。

習性なんて言うと動物っぽく聞こえてしまいますので、習慣、つまり文化と言っておきます。(笑)

この考えが生まれたのには理由があるんです。

2014年の夏にフィリピンの大学へ日本の大学生をスタディーツアーで引率した時のお話。

日本人とフィリピン人の交流がメインの目的でした。

それでお互いの国についていくつか質問をしてみました。

セブでプレゼンして気づいた!日本人は自国のことを知らないと言われるが、それは考え方の違いも一つの要因!1

初めに自己紹介からスタート。

自己紹介は英語で行ったので言語能力の差があり、フィリピン人が終始有利。

頑張って日本人大学生!

と応援してました。w

ただ言語の差があると予めわかってたので、プレゼンテーションの内容には極力絵や図を挿入して資料を作りました。

日本人とフィリピン人の大学生が平等に相手の国に興味を持ってもらうのが交流会の趣旨ですからね。

【日比交流会】プレゼンテーションにて質疑応答!

ここからキャラクターを使って当日を再現しました。

日本人大学生は侍くんキャラで。

フィリピン人大学生はヤスミンに代わってもらって再現してみましょう。

それではここからは実際に使ったプレゼン資料と当日の質疑応答内容です。

まずこちら。

お互いの国の首都はなんですか?

日本人大学生(侍くん)
はい!マニラ!

フィリピーナ(ヤスミン)
Tokyoでしょ!

首都の質問は簡単でした。

次に日本人の大学生に、フィリピンの島の数はいくつでしょうと選択肢を与えて質問しました。

A. 1867
B. 3776
C. 5201
D. 7107
E. 9981

日本人大学生(侍くん)
え~、絶対AとBじゃない。Eかな。でも多いような気がする。

日本人大学生(侍くん)
とりあえず、答えはDで。

フィリピーナ(ヤスミン)
正解!フィリピンの島は世界で2番目に多いのよ~!

日本人大学生(侍くん)
まぐれで当たった。(笑)

◆フィリピンは世界で2番目に島の数が多く、7107島と言われていますが、実は名前の無い島も存在しており、実際はこれよりも多いと言われています。◆

次は逆にフィリピン人のヤスミンに日本の質問です。

セブでプレゼンして気づいた!日本人は自国のことを知らないと言われるが、それは考え方の違いも一つの要因!2

フィリピーナ(ヤスミン)
CかEでしょ!じゃ~E!

日本人大学生(侍くん)
正解!でもCはどこの国かわからない。(笑)

◆フィリピン人の中には未だに日本に忍者や侍がいると信じている人もいます。

フィリピン人以外の外国人も日本と言えばなぜか江戸時代の職業を連想する人が多いです。

これはなんの影響なのでしょうか。◆

質問内容もちょっとマニアックな領域に入っていきますよ。

次は日本の大学生にフィリピンの飲食業界の質問です。

セブでプレゼンして気づいた!日本人は自国のことを知らないと言われるが、それは考え方の違いも一つの要因!3

日本人大学生(侍くん)
え?全然わからない!!見たことない店ばかりなんだけど。

フィリピーナ(ヤスミン)
フィリピン人なら誰でも簡単に答えられるわ~♪

日本人大学生(侍くん)
マックじゃないの?でもマックはフィリピンじゃないしね。

日本人大学生(侍くん)
さっき大学に来るまでに見かけたやつかな。じゃAのじょりーびー?

フィリピーナ(ヤスミン)
ジョリビーはフィリピンで一番有名なお店よ。ジョリビーはハワイにもあるからね。

◆フィリピンは世界でも珍しくフランチャイズ最大手のマックが一番になれない国として有名です。

その理由はジョリビーと呼ばれるローカルのフランチャイズが強い影響力を持っているからです。◆

最後に日本の質問をフィリピン人にしてみました。

セブでプレゼンして気づいた!日本人は自国のことを知らないと言われるが、それは考え方の違いも一つの要因!5

フィリピーナ(ヤスミン)
NARUTOとDORAEMONはジャパンのアニメでしょ。DRAGON BALLとONE PEACEがないじゃない。フィリピン人はバスケットが好きだからSLAM DUNKも好きなのよ。

フィリピーナ(ヤスミン)
あ!答えなければいけなかったね~。Mickyでしょ。MickyはAMERICANが作ったからでしょ。

日本人大学生(侍くん)
正解!日本の漫画はたくさんあるからね。世界中で有名なのは嬉しい。

フィリピーナ(ヤスミン)
私の友達は日本語話せるわよ。アニメを見て勉強したって言ってた。

日本人大学生(侍くん)
え?アニメ見ただけで日本語喋れるようになったの?凄いね!

◆フィリピン人以外でも日本のアニメを見て日本語を勉強した外国人が大勢います。

実際、アニメを見て楽しんでいた副産物的な学習なので本人は学習している感覚がないそうです。うらやましいですね。(笑)◆

ここまではこちらが用意した質問でアイスブレイクを行いました。

その後、お互いの国についてそれぞれでグループワークを行ってみました。

自分の国の紹介は自分が知っている範囲で十分

日本人大学生(侍くん)
ところでフィリピンって危なくないの?

フィリピーナ(ヤスミン)
ミンダナオ島は危ないわよ。でもセブ島は大丈夫よ。コロン(ダウンタウン)は行かない方がいいわ。スマートフォン盗まれるからね。

日本人大学生(侍くん)
フィリピン人でも危ない場所があるんだね。

フィリピーナ(ヤスミン)
マニラも危ないわよ。でもセブの田舎なら安心よ。

日本人大学生(侍くん)
今度、シキホール島って島に行こうと思ってるんだ。

フィリピーナ(ヤスミン)
シキホール島へ行ったら呪われるわよ。シキホール島の住民は呪いをかけれるから近づかない方がいいわ。

日本人大学生(侍くん)
え?そんな島なの?本当に危ないのかな。

フィリピン人の常識って本当に昔話のような都市伝説を本気で信じています。

シキホール島は黒魔術師の島として注目されている島ですが、実際に黒魔術師はいません。

その末裔がヒーリング効果のある儀式をしてくれますが、黒魔術師はヒーリングなんてしませんよね。(笑)

フィリピーナ(ヤスミン)
日本は美味しい食べ物たくさんあるよね。SUSHI食べたい。セブで食べたらとっても高いの。

日本人大学生(侍くん)
寿司以外は何が食べたいの?

フィリピーナ(ヤスミン)
何がオススメ?

日本人大学生(侍くん)
え?ラーメンとかじゃないかな。あと~、たこ焼きとか。

フィリピーナ(ヤスミン)
YAKOYAKIも美味しいでしょ。ラーメンはどこがいいの?

日本人大学生(侍くん)
え~どこがいいんだろう。

日本人大学生(侍くん)
博多ラーメンが有名だから福岡がいいよ!

フィリピーナ(ヤスミン)
FUKUOKAってどんな街なの?

日本人大学生(侍くん)
え~俺東京出身だから知らないなぁ~。韓国が近いか!

日本人大学生(侍くん)
ニアーブサン(near Busan)!ははは~

日本人とフィリピン人の交流会は上手くいったようです。w

日本人とフィリピン人の思考の違い!

この交流会で凄い感じたこと。

それは自分の知識を自信もって言っているかどうかだけな事実。

その違いが最も大きいと感じました。

フィリピン人も実際に詳しい人を除いては自国のことに詳しくありません。

これ本当に。(笑)

彼女らは自分が知っている情報がその国の全てだと言わんばかりの自信を持って話すからまるで全てを知ってる風に感じるですよね。

まぁこれプレゼンとか営業の場では、超大事っちゃ大事です。

フィリピン人達から学ぶことは多いですね〜。w

日本人、フィリピン人のそれぞれの特徴。

  • 日本人は全国規模で考えてしまうので詳細を知らない部分を紹介
  • フィリピン人は相手が知らなくても関係なく、自分の知っている事(コロンやミンダナオ島)で紹介

結果、彼女らの方が自信を持って自国の事を紹介している印象が超ありました。

知識があるないじゃなくて自信を持って自分の知ってることを言うかどうかって結論です。

日本人は真面目だから知らない範囲が多いと知らないって言っちゃう文化があるなと。

フィリピン人は兎に角自分が知ってる事がその国の全てだという勢いで話してました。

この違いが日本人は自国の事をあまり知らないと言われる原因の1つだと思いますね。

まとめ

フィリピン人と比べると日本人の気遣いと生真面目さを感じる場面はかなりあります。

これは大学生同士の会話だけでなく、フィリピン生活全般において。

特に今回のような日本人とフィリピン人の同じ年齢層を比較すると非常にわかりやすかったです。

以上、フィリピン人に学んだ面白さでした〜

そんじゃ、また。