なぜ多くの台湾人はワーホリを活用するのか!?オーストラリアで出会った台湾人の話。

台湾とオーストラリアの関係性

オーストラリアは世界中から多くのワーホリメーカーが集まる国です。そこでオーストラリアのワーホリを利用している人数を国籍別に分析したところ、驚く結果がありました。なんとオーストラリアのワーホリ利用者数2位に位置していた国籍は台湾人でした。そこにはこんなエピソードがあったのです。



オーストラリアのワーホリ利用者


本題に入る前にオーストラリアのワーホリを利用している人数を国籍別に把握しておきましょう。

参考にしたサイトはオーストラリア政府が発表しているこちらです。

オーストラリアのワーホリ利用者数1
グラフを見ればおおよその人数が把握できると思います。

一番多い国籍はイギリス人です。

オーストラリアは歴史的にイギリスの植民地であったことと、母国語が英語であるという共通事項があるので納得がいきます。

次に多いのがなんと台湾人です。

アジア勢では一番多く、イギリスの次です。

台湾とオーストラリアの間にワーホリ協定が結ばれたのは2004年であり、この資料は2015年のものですから僅か10年程です。

3位は同じアジアから韓国となっています。

ところで、なぜこれほどに台湾人にとってオーストラリアのワーホリは人気なのか不思議じゃないですか?

台湾の人口は2352万です。

日本のわずか5分の1の人口です。

その台湾から多くの人たちがワーホリビザを利用してオーストラリアへ渡航しているんです。

この現象には驚く心理があったんですね。

実際にオーストラリアで出会った台湾人の友達と話から台湾について考えさせられました。

世界から認められていない国・台湾


台湾は世界から認められていない国!?

なんて聞くとびっくりしませんか?

この表現は非常に語弊があるかもしれません。

しかし、台湾は多くの国連加盟国から独立国として認められていない国なのです。

証拠はこちらの台湾政府のサイトを参考にしてください。

この情報によると2016年12月現在で台湾を独立国として認めている国は僅か21ヶ国しかありません。

日本も実は台湾を独立国として認めていないのです。びっくりですよね・・・

では、なぜ認めていないのでしょうか。

これには歴史的背景があり、中国の影響そのものなのです。

現在の中国を実効支配しているのは中華人民共和国です。

話せば長くなるので誰でもわかりやすく簡潔にシャオシャオから説明してもらいましょう。

シャオシャオ
ハーイ!チャオ!久しぶりアルネ!もう覚えてない人も多いから説明しておくと、小小(シャオシャオ)よ! 今回は私が中国の歴史を紹介するヨ!

シャオシャオ
20世紀当初までは現在の中国の領土は清という王朝が治めてたのヨ。


清朝は辛亥革命によって滅亡します。

シャオシャオ
清朝は昔は強く支配力を持っていたけど、 19世紀になるとヨーロッパの植民地支配に翻弄されて弱体化したの。

シャオシャオ
そして中華人民も清朝として継続できないと奮起して起こったのが1911年の辛亥革命ヨ。

シャオシャオ
辛亥革命によって清朝に代わって中国を治めたのが中華民国。そう今の台湾と同じ名前の政府ヨ。


中華民国には2つの政党が存在しました。

シャオシャオ
そしてなぜ中華民国と中華人民共和国ができたかというとそれは2つの政党が存在したからヨ。

シャオシャオ
第二次世界大戦が終了した翌年の1946年に中華民国を掲げる国民党と中華人民共和国を掲げる共産党の対立が大きくなって国共内戦と呼ばれる内戦が起きたの。

シャオシャオ
この国共内戦の結果、勝利した共産党を主導していた毛沢東が樹立したのが中華人民共和国ヨ。

シャオシャオ
一方、国共内戦に敗れた国民党を主導していた蒋介石は台湾島へ渡ったの。そして台湾にて中華民国を継続したワ。


世界には中国と名乗る国が2つ?

シャオシャオ
ここで自国を中国を名乗る国が2つできてしまったのネ。中国大陸を支配する中華人民共和国と台湾島を支配する中華民国。

シャオシャオ
歴史的には中華民国が『中国』の名の下で国際連合へ参加していたけど、国連加盟国から見ればどうみても中国大陸には別の政府が支配しているから違和感があるわネ。

シャオシャオ
そして1971年のアルバニア議決によって国際連盟の『中国』の座は正式に中華人民共和国が継承するとされたのヨ。

シャオシャオ
そして1971年のアルバニア議決によって国際連盟の『中国』の座は正式に中華人民共和国が継承するとされたのヨ。

シャオシャオ
この決定により台湾を支配していた中華民国は『中国』の地位がなくなったわけネ。ここからは中華人民共和国=中国、中華民国=台湾で説明するわヨ。


一つの中国を主張する中華人民共和国

シャオシャオ
中国は当然台湾の存在が気に入らないのね。それで中国は『一つの中国』という主張を世界に向けて発信したの。その内容は台湾や香港、澳門などはすべて中国の一部であるという内容ヨ。

シャオシャオ
この教えに国連各国は従ってくださいと経済力や軍事力の強い中国が主張するから従わないわけにいかないという国々が出てきたわけネ。だから元々は台湾の独立を認めていた国ももっと沢山あったワ。

シャオシャオ
現在の台湾は中国の座を議論するのではなく、台湾を国家として主張する方針に切り替えてるわけネ。


歴史的背景は理解できましたでしょうか。驚いたのがオーストラリアで出会った台湾人の日常の話でした。

台湾人と中国人の奇妙な関係


出会った台湾人は中国人の彼女がいました。

そして彼らの間で決まって話題になるのが国籍だそうです。

つまり中国人の彼女は台湾人の彼氏の国籍を認めてないそうです。

それにイラっと反発するという台湾人の彼氏。

実に奇妙じゃないですか!?

お互いに中国語を話す者同士、更に赤の他人でなく、恋愛しているのに相手の国籍を認めてないんです。

こんな関係は日本人には理解しがたいですよね。

関西弁を喋る彼氏を日本語と認めない東京出身の彼女のようなイメージでしょうか。

そして話を聞いて本題のオーストラリアのワーホリになぜ台湾人が多いのか紐づいたのです。

そう、台湾人達は国籍が欲しいのです。

これには非常に心を打たれました。

日本人にはわからない感覚だと思います。

台湾人は自分の国を国だと外国人から認められていない国民なのです。

実際、自分のような一般人は台湾を国として認識しています。ですが、政府機関は認めていません。

まとめ


経済力が強い中国を敵に回すわけにいかないので、そのようになっているのは理解できます。

が、台湾人の立場はどうなのだろうと考えました。

実際、2011年の東日本大震災における義援金は約141億円と言われています。

参考サイトはこちらからどうぞ。

オーストラリアのワーホリも楽しいからだけでなく、台湾人をはじめ他の国々の姿勢などを見て過ごしてみてはいかがでしょうか。

そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA