カウチサーフィンの使い方!外国人と交流ならカウチサーフィン!

2018年7月30日

宿泊型SNSのcouchsurfingの宿泊状態設定




カウチサーフィンというSNSをご存知ですか!?

知らないというあなたは!

それは大変勿体無いです!

今日から早速カウチサーファーになりましょう!

海外を旅するのであれば今流行りのAirbnbより断然オススメするSNS!

Airbnbよりも現地人と交流ができて、文化も知れる素晴らしいSNSツールです。

オススメのSNSカウチサーフィンについて

え?

かうちさーふぃん?

そんなの知らないよ!

というあなた!

超勿体無い!!!

なぜならめちゃくちゃ外国人と絡める素晴らしいSNSだからです。

では、今回はその激オススメするカウチサーフィンの魅力と使い方をツラツラと書いてみますね!

まず名前から。

カウチサーフィンのカウチとは英語のcouchです。

カウチとはソファーって意味です。

サーフィンはご存知の通りマリンスポーツのsurfingから付けられてます。

Surfingの意味は波乗り遊びをするですね。

だからカウチ(ソファー)とサーフィンを合わせてカウチサーフィン。

ソファーベッドを巡って旅するというコンセプトで作られたSNSになんです。

コンセプトを聞いただけでも凄いいい名前ですよね。

また今話題の民泊SNS、Airbnbとの違いは完全に無料ということ!

ここがカウチサーフィンとエアービーエヌビーの基本的な違いです!

カウチサーフィンは無料で旅人を泊まらせてあげるわけですから基本的に個人間の信頼で成り立ってます。

カウチサーフィンは人間の信頼で成り立つSNS!

このカウチサーファー(カウチサーフィンをしている人)メンバー間で連絡を取り合って宿泊します。

2009年9月には200ヶ国(ほぼすべての国々)で登録されました。

つまりカウチサーフィンを使うと世界中で宿泊も夢じゃないんです!

こんな素晴らしいSNSカウチサーフィンを作ったのはアメリカ人のとある旅行からなんですね。

カウチサーフィンの開発者のケーシー・フェントンがアメリカ・ボストンから格安便でアイスランドを訪れた時に思いついたアイディアから始まったそうです。

その時に、ホステルに宿泊する代わりに、ランダムにアイスランド大学の学生1500人にメールをして泊めてくれるよう依頼した結果!

なんと宿泊を提供すると返信した学生は50人もいたそうです。

その人の温かさからカウチサーフィンを思いついたそうです。

上記のようにカウチサーフィンは個人間の信頼のみで成り立ってるんですね。

知らない人を宿泊したり、宿泊させたりするので、信頼が一番重要なんですよ。

だって知らない人だと怪しむのが普通ですから。(笑)

ってことで怪しまれないようにプロフィール作りはしっかりとしときましょう!

カウチサーフィンのプロフィールはいくつかのカテゴリーが用意されているんですね。

プロフィールの記述(about)、身分確認制度(verify)、メンバー同士の評価(reference)等

これら全て英語で記述していきます。

日本語も書けますが、アクティブユーザーの多くが外国人なので英語の方がめちゃめちゃベターです。(笑)

日本人のユーザが少ないので日本語対応していないのが初心者にとって難点です。

が、英語の勉強したいや外国人の友達を作りたいという人にはとてもおすすめのSNSです。

カウチサーフィンの具体的な使い方

それでは実際のカウチサーフィンがどんなSNSなのか見てみましょう。

【宿泊SNSの使い方】宿泊の設定

まずはカウチサーフィンの主目的である宿泊から。

アカウントを作成する際に住所を登録して自身がゲストを受け入れることが可能かどうか3段階から選択します。

それ以外の状態に「Want to meet up」という選択も可能ですけどね。

「Want to meet up」とはそのままの意味で「カウチサーファーと会いたいです!」ってステータスです。

「Want to meet up」は宿泊と関係ないので割愛します。(笑)

宿泊型SNSのcouchsurfingの宿泊状態設定

自分がホストできる場合は「Accepting guests」もしくは「Maybe accepting guests」で設定します。

ホストできない場合は「Not accepting guests」にしておけばOK。

【宿泊SNSの使い方】カウチサーフィンを使って英語で表現してみよう!

カウチサーフィンのユーザーのほとんどは外国人だから基本全てが英語なんですね。

だから自己紹介もやりとりも全て日本語ではなく英語!

まずはプロフィールを完成させるために英語で自己紹介を作っていきましょう。

カウチサーフィンの自己紹介ページに「About me」と書かれた部分に自己紹介文を書いていきます。

【宿泊SNSの使い方】About me!

それではまず自己紹介!

ここで難しく考えなくていいんです。(笑)

自己紹介に難しい単語や接続詞を使用する必要はありませんから。

I am a student.

でも立派な自己紹介ですからね。(笑)

まぁもうちょっと詳しく書いた方が怪しいやつレベルが低くなると思うので、頑張ってください!

【宿泊SNSの使い方】Why I’m on Couchsurfing!

自己紹介の次に「Why I’m on Couchsurfing」を埋めていきましょう。

これ何を言ってるのか?

カウチサーフィンに参加した理由を記述する場所なんですね。

項目別にHOW I PARTICIPATE IN COUCHSURFING(どうやって参加しましたか?)って項目と、

Couchsurfing Experience(カウチサーフィンでの経験)の項目です。

半分、自己紹介のような含みですが、もっと単純に考えていいと思います。

【宿泊SNSの使い方】My Interests!

次に「My Interests」の項目。

もうそのまんま、自分の趣味や関心ごとを書くだけ。(笑)

自分の場合は、旅や英語、山登りが好きなので「Traveling」「English」「Climbing」って書きました。

簡単でしょ。(笑)

【宿泊SNSの使い方】My Favorite Music, Movies & Books!

次も定番の項目。

好きな音楽、好きな映画、好きな本を記述します。

この辺までくると面倒なのでもう書いてません。

それでもいいと思います。(笑)

【宿泊SNSの使い方】One Amazing Thing I’ve Done!

ここはちょっと面白いので書いておきました。

「One Amazing Thing I’ve Done」とは「これまでやってきた凄いこと」って項目。

スカイダイビングとかスキューバーダイビングとか、TOEIC900点とか?(笑)

別にそこまで書かなくてもいい項目なんですけどね。

【宿泊SNSの使い方】Teach, Learn, Share!

教えている、習っている、共有したいことを記述します。

この辺りは自分の仕事関係とか書くと書きやすいですね。

自分の場合は「Writer」「Editor」「Organizer」なんて書いてみましたけど。(笑)

【宿泊SNSの使い方】What I Can Share With Hosts!

「What I Can Share With Hosts」とは「ホストとして共有できることは何ですか?」って項目です。

お風呂を提供できますとかだと「Provide bathroom」とか、食事も提供するなら「Provide food」とか。

【宿泊SNSの使い方】Countries I’ve Visited!

カウチサーフィンは旅人用のSNSです。

だから時々、めちゃめちゃ旅人やってる人が問い合わせてきたりします。(笑)

この「Countries I’ve Visited」は「何ヶ国の国々を旅しました」って項目です。

ここを見るとたまにトンデモナイ旅人だとわかったりします。

自分もここにはちゃんと行った国を載せてますよ。(笑)

【宿泊SNSの使い方】Countries I’ve Lived In

最後に「Countries I’ve Lived In」は「どこの国へ住んだことがあります」です。

海外で住んだ経験がある国を記述するんですけど。

なかなか移民文化のない日本では珍しい質問ですよね。

ここが多い人は凄い!

長くなりましたが、これがザッと自己紹介ページです。

本当は別タブページにある「My Home」ってところも埋めるといいんですけど、、、

長いのでもう説明はいいですね。w

【宿泊SNSの使い方】外国人を探してみよう!

じゃ、ここまで設定したので実際にどうやってホストを探すのかやってみましょう!

まずは画面上部にある検索窓から自分が旅する街を英語で入力します。

ここ重要で、英語で入力します。w

画面のこの辺り。

カウチサーフィンでホストを探す手順!

検索結果が表示されるんですが、まだ不十分と思った時は「More Filter」を表示させます。

すると検索条件が出てきます。

カウチサーフィンでホストを探す手順!その2

この条件を入れて検索結果をみて「あ!この人がいい!」って直感を信じてコンタクト取ってみましょう!

もちろん、英語ですよ。ええ。w

まとめ

カウチサーフィンでは旅人を宿泊させたり、旅人として宿泊したりするのも全て個人間の信頼で行っているSNSです。

だから本当に信頼関係が大事なんですよ。

あとAirBnbと比較しましたが、カウチサーフィンを圧倒的に勧める理由があります。

それはカウチサーフィンの方が圧倒的にホストと交流できるからです。

Airbnbは単に宿泊するだけのサイトなので、ホストと交流するという点がないので、旅人からすると魅力は低いですね。

今すぐ始めよう!カウチサーフィン!

そんじゃ、また。