終戦記念日である8月15日について考えてみた。

8月15日は日本をはじめ太平洋戦争が終戦した日

本日8月15日は日本人にとって特別な日だと個人的には思っています。それはもしかしたら日本人だけでなく、世界中の多くの人にとって重要な日かも知れません。71年前の1945年8月15日に日本は連合軍に無条件降伏をしました。実際にはポツダム宣言を正式に受諾した9月2日まで戦争と言う名の各国の私欲にかられた侵略は続いたわけですが、今回は8月15日について考えてみたいと思います。



日本人はしっかり意識しているのだろうか?


初めに断りをさせてもらいます。世界大戦に関する知識においては、71年も前の事なので当然ながら自分は当事者ではありませんので、後で聞いた話を元に得た知識で執筆しております。自分の中でできる限りの情報を仕入れて書いて行きたいと思います。情報に間違えがありましたらご指摘ください。

8月15日のYahooニュースのトップにもしっかりと終戦について書かれている記事が掲載されていたので確認してみました。

空襲の記憶と記録

戦後71年がたった2016年8月15日ですが、日本人には今日をどのような日だと思われているのか気になったので調べてみました。

インターネットで調べただけなので、正式な調査は行っていませんが、なんとビックリです!

半数の人しか終戦記念日がいつなのか知らないということでした。

参考にしたサイト:日本の若者の半数が「終戦の日」や「太平洋戦争での同盟国」を知らない!!【台湾人の反応】

このサイト以外にも某口コミサイトでは30%の人しか終戦記念日を知らないなど書き込まれていました。

この結果には非常に悲しくなります。

71年も前の事なので確かに古い情報ですし、現実味がないのはわかります。

祖国を思う気持ちがないのかと考えさせられる結果です。

また同じことを繰り返す民族に成り下がってしまうのではないでしょうか。

因みに”8月15日”と検索すると2番目に終戦の日と検索結果されました。

8月15日は日本の終戦記念日

また海外で生活をしていて、ここまで自国の事に関心がない民族も珍しいと思います。

韓国人の知り合いはたくさんいますが、彼らに竹島(韓国名で独島(トクト))の事を話すと目が変わります。

本気で攻撃的になります。そこまでなるのは些か不快感がありますが、しっかり国の思惑が刷り込まれているように感じます。

対して、日本人は終戦記念日や原爆投下日すら覚えていない人が多いという印象です。

古いからと軽視する風潮がありますが、非常に重要なことだと個人的に思うので、軽視するべきでないし、忘れてはいけない日付だと思います。

もっと重要なことがあるだろうと思う


1995年に起きた阪神大震災や2011年に起きた東日本大震災、2016年4月に発生した熊本・大分大震災などはまだ記憶に新しく多くの人がそのキーワードを聞けば連想させれると思います。

しかしながら、個人的に思うのは、これらの記憶よりも戦争や日本と言う国についてもっと情報を浸透させるべきだと思います。

決して自然災害に遭われた方々を軽視しているわけではないです。

地震や台風などの自然災害で亡くなられた方々には大変気の毒ですが、自然災害には”正義や私欲”等がないのでどうすることもできない出来事だと思います。

運悪くその場に居合わせてしまったが故に巻き込まれてしまったという以外に表現できないです。

第二次世界大戦は日本人に何を教えているのか

しかしながら、戦争や紛争については別です。

人間の欲望や野望と言った感情が原因で起こった出来事です。

自然災害に比べてもっと複雑な要因である為、再発防止につながるように努めなければならないと考えます。

記憶が古くなるのは仕方ないですが、日本には”もっと重要なことがある”はずだと考えてます。

まとめ


第二次世界大戦をはじめ戦争が身近な物にならない為にも、日本人としてどのように振る舞っていくべきかしっかりと考える必要があると思います。

海外で生活しているから、より日本を客観的に見る事ができますが、日本はいい意味でも悪い意味でもかなり特殊な国だと思います。

中国とは尖閣諸島、韓国とは竹島、ロシアとは北方領土など隣国とは常に領土問題が発生しています。

相手が熱を持っているからという理由も多いですが、それでも正面を向く必要があり、日本人として個々が自身を守る姿勢を備えるべきだと思います。

このあたりは終戦や平和など限定的な言葉に限らずで、日本人はどこか他人依存する姿勢が強いと感じます。

特に西洋人や中国人と比べれば圧倒的に自立心が低いように感じます。

だから自国の領土問題も他人事です。具体的な政策などは政治家でなければ動く事は不可能でしょう。

しかしながら、関心が低すぎます。これは他の国々に比べて圧倒的です。

日本人の終戦記念日の認知度が上がることを祈って等と言うと烏滸がましいですが、それでも個人的には半数しか回答できない事実を変えたいので、今回は真面目に書いてみました。

そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA