習慣が海外旅行の手荷物のサイズを決める!断捨離の仕方!

海外旅行へ出かける時に必要な物に優先順位を付ける

海外旅行をする時に飛行機の機内持込の手荷物制限や貨物の預入荷物の重量制限を気にしますよね。あれも必要、これも必要と押し込んでいくと気付けばとんでもない量の荷物になってたりしませんか。荷物を減らしたいのに全く減らない方のヒントになればと思います。



海外旅行の最初の壁は荷物制限


海外旅行はすでに始まっている!?

海外旅行の最初の壁は日本から出国する時に通過しなければいけない荷物制限です。

昨今ではLCCの台頭により安く海外へ行けるようになりましたが、より一層荷物制限を注意しなければならなくなりました。

なぜならLCCは従来の航空会社に比べて荷物制限が厳しいんです。

海外旅行へ行くなら極力必要最低限の荷物で
基本的にLCCのチケット料金には預かり手荷物は含まれておらず、チケットを購入する際に追加課金オプションとして選択されます。

最小重量は15キロサイズです。つまり機内に持ち込めない荷物があると必ず追加料金が必要になるんですね。

3泊ぐらいなら大丈夫ですが、海外旅行を預かり手荷物なしで行くにはかなりの根性が必要です。自分は1ヶ月の旅を機内持ち込みのリュックだけで東南アジアを回りましたが。(笑)

したがってLCCに搭乗するのであれば、最小重要の15キロサイズに抑える旅人スキルが求められます。

15キロサイズにするには荷物の優先順位”をしっかり行い、必要な物と不必要な物を整理する訓練が必要です。

今時の言葉で言えばミニマリストです!さぁ今日からあなたもミニマリスト!

手荷物のサイズを確認してみた


初めに機内持ち込みのサイズを確認してみましょう。

国内線と国際線で機内持ち込み可能な手荷物サイズが変わってきます。サイズに関しては図で示した方がわかりやすいかと思います。

国内線と国際線の持ち込みサイズ
※日本国内の航空会社は2009年12月1日に統一サイズにて運用する取り決めが制定されましたが、海外の事情は異なる場合がありますので、あくまで一般的なサイズになります。

多くのバックパッカーと呼ばれる旅行者は15キロ程度の少ない荷物で1年程度の期間を使って世界一周を行っています。対して4日間~1週間程度の旅行において20キロのスーツケース+アルファで海外旅行へ出かける人も少なくありません。

この違いはなんなのでしょうか?

海外旅行で必要な基本的な持ち物はほぼ同じですが、詳細なアイテムに関しては人それぞれ違います。

つまり詳細なアイテムがどのように構成されているのかという点です。

手荷物サイズは習慣から選定されている


>海外旅行の手荷物の多さの違いは習慣です。

手荷物サイズは習慣が決めています

習慣がなぜ手荷物を決めているのでしょうか?

それは必要な物だと考える習慣があるからです。

つまるところ、必要だと思う物品が少なければ多くの荷物を旅行先に持っていく必要はありませんよね。

結論を言えば手荷物を減らす方法は”必要だと思うものを減らせばいいのです。

海外旅行へ出かける時に必要な物に優先順位を付ける
そんなことができるならとっくにやっている!

ですよね〜(笑)

そこでどうやったら必要なものを減らして、お金を掛けずに海外旅行を楽しめるか考えてみましょう!

断捨離をすると手荷物が減る


断捨離とは持ち物を切り離して心機一転する時に使う用語ですよね。

この断捨離を練習するんです!

断捨離を練習!?

そう!断捨離を練習してください。(笑)

具体的に断捨離の練習方法を自分の経験からいくつか説明していきたいと思います。

キャンプへ行き断捨離


キャンプへ出かける時に何を持っていきますか?

実はこの問いはかなり重要で、手荷物の優先順位を付ける練習をしているんです。

キャンプには家庭にあるもの全てを持っていくことは物理的に不可能ですよね。

従って、持っていく物を選定しなければなりません。

キャンプで必要な物を順番に想像して準備してみましょう。

シーズンによって装備の内容が変わりますが、基本的な考え方は同じです。

一番簡単でイメージが付きやすい夏の海でキャンプする前提でイメージしてください。

工夫次第では5キロのリュック1つで十分対応できるようになります。

キャンプすると手荷物の優先順位がわかってくる

キャンプなどのガテン系イベントで重要になるのは、荷物を少なくして多くの機能を賄うアイテムを持参することです。

工夫すると1つのアイテムで多くの役割を果たせます。

例えば調理の時に必要な包丁やまな板を不必要にするアイテムは!?

答えは・・・調理バサミで対応できますよね?

例えば寝る時に必要な枕は・・・担いだバックを頭に敷けば対応できますよね。え?やだ!?やってください。(笑)

ライトも携帯の灯りで対応できます。

本来の機能でないアイテムで他のアイテムの機能まで包括できたり、アイテムが2つ必要な場合を1つのアイテムで対応できます。

携帯を手放して断捨離


次に情報の断捨離も練習してみましょう!

情報の断捨離!?

携帯を使って仕事を行っている人であれば少し難しいかも知れませんが、携帯を手放すことで新しく見えてくる世界は本当に沢山あります。

そして不要な情報が入ってこないので、自分の考えに集中できるわけですね。

携帯を手放すことで見える世界がある
携帯なんて手放せるわけないじゃないか!

と言う方はせめてインターネットから少しの間離れてみるといいと思います。

意外と必要ない物に自分が振り回されていた習慣に気付きます。

携帯電話は本来の目的である電話機能だけで十分に活用できますからね。

自分は1年半くらいスマフォを持ってませんでしたが、慣れれば全然困りませんでした。人間の慣れってすごいですよね。(笑)

携帯電話を持たないや、インターネットに接続しないと、インターネットやテレビなど外からの情報による物質に対する渇望が途切れるんです。

つまり無駄な物に対する執着が減るので荷物が減るんですね。

何も持たずに出かけて断捨離


一番の荒業ですが、一番効果があります。(笑)

何も持たずに出かける

そうすると今まで持参していた物がなくなるので多少の不便を感じる時はあるかもしれません。

その反面、今まで必要以上に持参していた物がなくなった解放感に満たされて、身軽になれます。この開放感は素敵ですよ。(笑)

物質が無く不便だと感じる感覚が重要です。この不便さは習慣が作っているんです。時間が経つことで習慣は変化していきます。

従って最初は不便と感じていたことも時間が経つと不便さも感じ無くなり自然な習慣となるのです。

何も持たない期間をまず短い期間で始めて練習してみてください。一気に変えようとすると大変なエネルギーがいるので徐々に自分を慣らせていく感じです。

自分は最終的にシンガポールへ手ぶらで行くまで慣れてしまいました。(笑)

手荷物がなくなるメリットは飛行機だけではない


手荷物が減るメリットはLCCの飛行機だけではありません。

旅行先で大荷物を牽いて歩くのは非常に大変ですよね。

想像してみてください。

空港から宿泊先のホテルまで手間を取られます。タクシーを使えば手間は減りますがお金がかかります。

また発展途上国において大荷物を持ち歩くと、外国人だとアピールしている様なものなので危険です。

飛行機機内持ち込みサイズはシビア
もし手荷物が少なくてすむならどうなるでしょうか?

まず行動範囲が圧倒的に広がります。

荷物が少ない状態で歩き回るのと荷物が多い状態で歩き回るのでは体力の消費が違います。旅行先では歩き回りたいですからね。

飛行機など乗り物で移動する際に料金も安くなります。無駄な出費は抑えて必要なところへお金を使う方が旅行の充実度も確実に上がります。

まとめ


今回は海外旅行へ出かける時に持っていく手荷物にフォーカスしましたが、手荷物に限らず全ての行動は習慣が作っています。

習慣というのは実に的確で、その人を作ります。

手荷物以外でも習慣が人に影響を与えます。

海外旅行では毎回同じ人が手荷物を盗まれるます。それは盗まれる習慣がその人についているからです。

手荷物が多くなって困るという人は手荷物が減る習慣を身に着けると海外旅行もより楽しくなりますよ!まずは断捨離の練習をどうぞ。

そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA