英語の勉強は発音をまず気にするべし!リスニングと発音は表裏一体!

英語を勉強するなら映画を真似る

今回は発音とリスニングについて深く考えてみたいと思います。日本人が英語を勉強する上で最初に難しい!と感じるのは正しく聞き取れないリスニングと、正しく発音ができないという点だと思います。リスニングにおいてネイティブスピーカーの会話が速いと感じてしまうのは、英語と日本語における根本的な発音の違いが原因としてあるようです。



英語は発音がキーワード


英語のネイティブスピーカーは単語をリンキングして話すのでともて聞き取りづらいです。と感じてしまうのは、英語の発音に慣れていないからです。

例えるならば方言のようなものです。沖縄や東北地方の方言では同じ日本語でも一言一句を正しく聞き取れないと思います。それは聞き慣れてないからです。

日本語なので聞きなれているはずの言葉でもイントネーションの違いや聞きなれない単語などによって正しく聞き取れないのです。不思議ですよね。でもこれも脳科学で証明されてるようです。

つまるところ、同様に英語も聞き慣れていない発音やイントネーションにより、正しく聞き取るのが困難というわけなんですね。また発音とリスニングの関係性ですが、実は発音とリスニングは表裏一体なんです。

リスニングの能力を向上させる為には、正しい発音を習得する必要があるんですね。

リスニングと発音は非常に関係性が強いんですね。その理由は、脳が無意識に紐付けをするからと言われています。

始めて聞く言葉に対して無意識にこれまでの言葉や発音を紐付けるという癖があるそうです。

例を挙げて説明すると、”apple”という単語があります。これを日本語で書くと”アップル”になります。しかし、実際にネイティブスピーカーに”アップル”と言っても通じない可能性が高いのです。それはなぜでしょうか?

正しくは”アップル”ではなく、”apple”だからです。この違いを文字で説明することは非常に難しいです。

と言うのも日本語と英語の発音がそもそも異なり、日本語にない発音を英語は有しているからです。この例で挙げている”apple”を発音記号を用いて表示してみましょう。

appleの例で考える発音の違い

”apple”を発音記号で表すと上記の様になります。ここで注目してほしいのがaとeが交わったような記号です。これは”a”と”e”の中間音として表記されています。

つまり日本語にはない発音なんですね!お分かりいただけたかと思いますが、”apple”を日本語で正しく表記することは不可能なわけです。

でも日本語で”アップル”と脳が認識すると自然と発音も”apple”ではなく”アップル”となってしまうんですね。

正しい発音に触れてみる!


前回「英語を何となく始めるでもいい!英語学習のキッカケ作りが大事!」というタイトルでいくつか学習方法を記述しました。前回の記事はこちらから参照してください。



アメリカやカナダなどネイティブの国で暮らせば、正しい発音に触れる機会があるわけですが、現実問題特定の条件がなければそれらの国に長期滞在することは難しいです。

そこで英語を勉強する具体的な手段として映画を見るという方法があるわけです。

このやり方を教えてくれたのはフィリピン人の先生達です。映画を見て学ぶ習慣はフィリピン人の中では常識に近いやり方で多くのフィリピン人の先生達が行っています。

フィリピン人からすれば勉強している感覚ではなく、楽しみながら英語を当たり前に聞いている感覚で、正しい発音に触れているんですね。

他の例を挙げると、自分はフィリピンで多くの韓国人に出会いました。その内のある韓国人は日本語をとても深く理解していて驚いたことを覚えています。彼の日本語を聞き取る能力に大変興味を持ったのでどうやって勉強したのか尋ねてみました。

日本人同士の会話でも普通に聞き取れる能力がある彼ですが、日本語の勉強はしたことがないそうです。すごくびっくりしました。

彼のリスニング能力は日本のアニメを見ていたからです。彼はiPadをいつも持ち歩いて、日本のアニメを日本語のまま見ていました。時々キャンディクラッシュもやってましたけどね。(笑)

つまり彼は自然と正しい日本語の発音に触れているわけなんですね。これは驚きです。

まずは正しい発音に触れよう


日本人がとても苦手な発音に”r”と”l”の違いや”th”があります。なぜならこれらの発音は日本語にないからです。

舌の位置や口の筋肉の使い方が日本語と違うので難しいのは当然ですね。

でもここは踏ん張りどころです!なぜなら正しい発音が聞けなければ正しい発音も発せないからです。

つまるところ、”アップル”と脳が判断する状態では”apple”と正しく発音することは難しいです。

逆も然りで、”apple”と発音する人は必ずしも”アップル”と正しく発音できるわけではないです。外国人が日本語を発音する時に感じる違和感はこれです。

この結果から思うに、日本語(カタカナ等)で英語の発音を勉強することは非常によろしくないと思います。

わからないなりに英語で書く!カタカナは使わない!という心がけが必要そうですね。(笑)

それでは正しい発音はどうやって習得すればいいのか?一つは既に述べたように映画を見ることだと思います。これはフィリピン人の事例があるので正しいと思います。映画のフレーズも確かに真似するのはカッコいいですよね。

もう一つは歌を歌うことです。実は発音を一番矯正できるのは歌を歌うことだと思います。歌を歌うことの利点は一番真似しやすく、何度も繰り返せるという点です。

気に入った歌であればいつでも何度でも聞くし、その気になれば歌う気持ちも出てきますよね。音痴の自分でも好きな歌は歌いたいですからね。(笑)

まとめ


英語はの違いを認識する必要があります。本当は発音記号で音を分析できればいいですが、それはレベルが適切でなければ難しいと思います。

最初は”音”を日本語風でも構わないのでどんな音なのか認識することが大事だと思います。注意しなければいけないのは、日本語で覚えようとしない努力が必要です。

例えば”right”と”light”の違いなどは有名ですよね。これらは日本語で書くと同じ”ライト”になってしまうので違いがわからなくて当然です。

でも英語で聞けば違います!この違いがわかるまで音に意識してみましょう。日本語で使われない音がたくさんあるので、その特徴を何となくでも意識すると大きな違いが出てきます。

そんじゃ、また。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA