座元&問い合わせ

2018年5月22日

冨田隊長の自己紹介
ようこそ”ERUDITORS ~ 世界を廻った男が思いついた海外のすゝめ ~”へ訪問ありがとうございます。このサイトも自分を知っている人が訪問するようなサイトになることを想定(祈って?w)して、ここで管理人の自己紹介を軽くしようと思います。

24歳まではふつ〜の人間生活を送ってました。

そんなある日、出会いがありました。

とっても輝いている20代の方々。

自分との差に唖然としたのを覚えています。

こんな人生・・・

じゃ、勿体無い!

っと、人生を変えたいと思い始めた24歳!

そこからが全ての始まりでした。

それからは多くの人達に会うために様々なイベントへ参加してみます。

そして、遂に!

日本の会社で5年ほど働いた後に、海外生活に憧れて意を決して会社を退職!

なんも保証ないけどエイヤって気持ちで日本を飛び出しました。w

んで、機会を頂き発展途上国フィリピンにて英語留学生をサポートする語学学校のマネージャーとして9ヶ月ほど勤務して留学生の現地サポートしてました。

最初は1年で帰ると言ってた海外生活だったんですが・・・

気づけば5年の月日を過ごしてました。

結局、世界の色んな国を知りたいとこれまでに70ヶ国を超える国々を旅しました。

【簡単に自己紹介】

・学生時代はいろんなスポーツに励む。特に気に入ったスポーツはバスケット!
・卒業旅行で中国の洛陽へ旅行へ出かける。海外に関心を持ったキッカケとなる。
・入社3年目にして人生を変えたいと思い始め多くの交流会へ足を運びだす。
・会社外で知り合った人たちがあまりにも輝いて見え、自立した人生に憧れを持つようになる。
・朝活として英会話カフェを運営する。
・1人でミャンマーへバックパッカーへ。海外の楽しさを十二分に知る。
・IT会社を退社したのち、フィリピンのセブ島にて語学学校のマネージャー職を経験。
・ヨーロッパ大陸最高峰のエルブルズ山(5,642m)の山頂手前5,300mまで到達!
・オーストラリアのタスマニアでワーホリビザを使いサバイバル生活から1万ドルを稼ぐ。
・フィリピンのセブ島にて現地ツアーガイドおよび就職紹介事業を行う。
・フィリピン留学メディア運営をお手伝いする傍ら、留学エージェントとして活動する。
・北米カナダとアメリカ合衆国でネイティブと英会話Youtuberをやる。
・北米大陸を自転車(ママチャリ)で横断!
・アフリカ大陸(モロッコ〜ベナン)もママチャリで走る!

それでこのサイトを作ったキッカケは自分を見つけること!

自分ってなんなんすか?

これがずっと大きな悩みなんですよ。

自分自身がわからないなんてなんて嫌なんだって。

これが人類永遠の課題で人生の命題のような気がしてます。w

でも自分をわかって表現している人達を見ると羨ましくて仕方なくなってしまいます。

そんな自分もあったんですけど、少しづつ自分をわかってきてるかなって。

今は行動力と考えながら生きてみたいと全力でやってます!

フィリピンのセブ島で『冨田隊長』と呼ばれた理由!

このサイトでは冨田隊長という名前で活動してます。

自分で隊長なんて言うのはおこがましいですが、冨田隊長と呼ばせてください。(笑)

冨田隊長と呼ばれた成り行きをちょっと。w

フィリピンのセブ島にある素晴らしい山オスメニアピークってところがあるんですけど、

そこでキャンプを行った時でした。

そのキャンプの日は晴れていたのですが、

テントを貼った直後から雲行きが怪しくなり・・・。

大雨ダァ!!!!!

せっかく立てたテントは床上浸水して濡れてしまったのです!!!

その時はオスメニアピークの素晴らしい景色を見るどころじゃなくなったんです。

まさに防災訓練ならぬ災害レベル状態でした。

しかし、ここは南国セブ島。

大雨などの自然アクシデントは常に付き物です。

自然と共存してこそキャンプですからね。(笑)

大雨が降ったので運んできた薪は当然水浸しです。

そこからは必死で薪を水から防いだり乾かしたりと試行錯誤して、

キャンプ仲間の応援もあり火を起こすことに成功!

オスメニアピークでBBQ&キャンプ

そこから皆でBBQを楽しんで大雨の夜を生き抜きます!

生き抜くって言葉が本当に正しい表現な気がしました。(笑)

翌朝にはオスメニアピークの素晴らしい眺めを見ることに成功!

そのままオスメニアピークから10kmほど山の中を歩いてカワサン滝へ下山したのです。

セブ島で初めて冨田隊長と呼ばれた写真

このキャンプと言う名のサバイバルを主催し、無事に生還できた記念写真をセブ島No1のフリーペーパー『CEBUPOT』さんのページで紹介させてもらえて以来、冨田隊長と名乗らせて頂くことになりました。

冨田隊長の全てはこのサバイバルのようなキャンプイベントのおかげで始まりました。(笑)

サバイバルキャンプ含め、自分ができることを別ページ「冨田隊長はこんなことできます!」でまとめてます。

こんなサバイバルキャンプをフィリピンのセブ島でやってました。

その海外生活の中から自分なりに気づきがありました。

それは常識当たり前と言った文言はただの思い込みに過ぎなかったという事実です!!!

なぜ思い込みなのか!

常識と言われる定義がその国々で違うからです。

いや、もっと言うと個人レベルで常識とか当たり前って違うんだって知りました。

この違いが一番面白みでもあったんですよ。

つまり常識と呼ばれる定義って個々で違っていて当たり前だった!!!

ってことに気づいたんですよね。

そんな面白い気づきがある海外生活を通して感じたこと&研究していることをツラツラと書いていこうと思いました。

※現在はもう日本に戻ってきました。

冨田隊長ってどんな人?

ってもうちょっと気になる方はこれらの記事をどうぞ。

(自分のことをメインに書いてある記事はこちら)

英語学習についてはこの記事で書いてます。

チャリダーについてはこの記事が一番自分のこと書いてます。

具体的に何をやってる人?

と、思われた方!

密商売の怪しい人ではございません。(笑)

こんなことやってる人です!詳しくは、こちらのリンクからご覧ください。

その他、質問や何かピンとくるものがあれば下記から問い合わせください~。

Posted by 冨田隊長